【実体験】ギャンブルをやめたいと思ってもやめられない理由

ライフスタイル
スポンサーリンク

「働きたくない…何か簡単お金を稼ぐ方法無いかな?」

「1回くらいギャンブルやってみよう。俺なら大丈夫!」

そんな安易な考えで手を出してしまう人が多いのですが、ギャンブルとは関わらない方が絶対にいいです。

 

まず、9割以上の人が勝てずにトータルマイナスで終わりますし、踏ん切りが付かないようになっていつまでもハマり続けてお金を消費し続けます。

 

辞めようと思っても自力ではギャンブルを辞められず、破産が待ち受ける結果となります。

今回は、どうして破産しか待ち受けていないのにギャンブルをやめられないのかについて解説していきます。

 

目次

1.ギャンブルは勝った時の快感がたまらない
2.私がはまった時の実体験
3.ギャンブルを辞めるには第3者の力が必要
4.どこかで止まらないと本当に人生が詰む
5.ギャンブルした事が無い人は特に危険

 

 

1.ギャンブルは勝った時の快感がたまらない

どうしてギャンブルを辞めらないのか?

 

それは、勝った時の快感が凄いからです!

あの勝ち誇りたくなるような優越感と楽してお金が手に入る嬉しさが、ギャンブルから身を引かせてくれないのです。

 

 

・快感を知ってしまったら抜け出せない

ギャンブルの経験が長くなるほど、その快感の味を知っているので抜け出せなくなります。

逆に始めたところで勝った経験がない人の方が、面白味を知る前なので簡単に辞められます。しかし、ビギナーズラックというものが存在するのがやっかいです。

 

「初心者の私でもこんなに簡単に5万円勝てた!もっと経験積めば勝てるかも。」

「たった1時間で楽勝に稼げるなら働くなんてアホらしい」という考えになって狂ったようにお金を消費します。

 

 

・感情的でプライドが高いと地獄

ギャンブルを辞められないのは、負けた時に感情的になってしまうからです。

 

負けた時にイライラして頭に血が上ってしまい、舐められた感じてがして勝つまで続けてしまいす。少額でも勝てたら一時的に冷静になれます。

「よし勝てた!次は負けを取り返そう!」とループにハマります。

 

こうなってしまったら本当に周りが見えません。

何円つぎ込んだか、何時間やったかはお金が尽きるまで気づきません。

 

お金と快感を得られる相乗効果がギャンブルから抜け出せなくしているのです。

 

 

2.私がはまった時の実体験

・最初は順調でも最終的には負ける

ここでは私の実体験を紹介します。

始めたきっかけはネットで必勝法なるものを見つけて、面白半分で始めました。

 

その手法を使って、勝って負けてを繰り返しつつも1カ月で1000ドルは勝っていました。

大きく負ける日もあって、その時は【負ける→頭に血が上って勝つまでやって更に負ける】というループを経験しました。

 

 

その時は、2時間もあれば100ドルは稼げたので時給でいうと5~6000円です。

「こんなクリックするだけで楽して稼げるなら、汗水かいて働くなんてアホらしくやってられん」と思ったのを覚えています。

 

途中までは順調だったのですが、最終的には負けで終わりました。

私はその時、お金が無くてカードも限度額いっぱいで入金手段がなくなったので、そこで止まりましたが、当初の軍資金は全て溶かしてギャンブルから身を引きました。

 

・株で大損した先輩

半年間だけ一緒に仕事をした60代の人が居たのですが、その人も株で大損をしていました。

 

「株はギャンブルではない!」という人も居るかもしれませんが、上がるか下がるかを当てるものなのでギャンブルと変わらないと思っています。

私もFXをしていますが確率論の話なので、これもギャンブルと変わらないと思っています。

 

 

さて、話を戻します。

その人は20代の頃に知り合いに勧められて株を始めて、たまたま買った株が大きく値上げしたのを体験して「あの時の快感が忘れられない」と言っていました。

 

 

その人もトータルでは300万円くらいの負けているらしいですが、いつか大きく上がる気がするという希望を捨てられずに今も年金をドブにすて続けています。

 

「次は勝てる気がする」

「いつかは上がる」

この根拠のない自信は、ギャンブル特有の考えで破産者を生み出す元です。

 

 

3.ギャンブルを辞めるには第3者の力が必要

知り合いや家族がギャンブルにハマっているとしたら、いつか変わってくれるなんて甘い希望を持っても無駄です。

ギャンブルを辞めさせる手段は2つです。

 

①第三者が強制的に辞めさせる

本人が自発的に辞めるのは期待できないので、あなたや知人の協力が必要です。

 

本人は”辞めようと思えば、いつでも辞められる”と思っているのでタチが悪く、諭そうと思っても聞き入れて貰えません。

それこそ行動で無理矢理やめさせるか、感情でひたすら訴えかける方が効果的です。

 

 

②資金を絶つ

パチンコ、株、その他のギャンブルにしても資金が無いとできません。

ギャンブルなんて基本的に負けるように作られているので、資金は底を尽きます。そこで資金源を断ってしまえば強制的に辞めさせることが可能です。

 

実際に私もこれで止まったので有力な方法ですが、トラブルに発展するリスクもあるので最終手段でもあります。

 

 

4.どこかで止まらないと本当に人生が詰む

ギャンブルはお金を使うので、どこかで止まらないと落ちるところまで落ちます。

 

ギャンブルとは無縁な人は想像つかないかもしれませんが、ネットや漫画でギャンブルが原因で借金地獄になっている描写がありますが、本当にあのままです。

「次は勝てる気がする」と思って借金をしたとしても、本人は借金という認識ではありません。

 

勝てると思っているので、負けを取り返す為の軍資金。

言うならば、【勝った時の前借り】という認識です。

あとはドツボにハマっていくのみです。

 

 

全くの赤の他人であれば放置で良いと思いますが、家族や大切な人がギャンブルにハマっているならば、本気で止めないと人生が借金で詰みます。

 

 

5.ギャンブルした事が無い人は特に危険

ギャンブルが無い人は自分は大丈夫という謎の自信を持っているので危険です。

「辞める気になれば辞められる」と思っているタイミングでビギナーズラックで稼いでしまうと目も当てられない結末しか想像できません。

 

 

もし、あなたがギャンブルと縁がない生活を送っているのであれば、そのまま関わることなく過ごしていくのをおススメします。

 

 

楽してお金を稼ぐ体験と快感を知ってしまった時に自分を制御できる強い人間でなければ、ドツボにハマる未来しか待っていません。

友人や家族がギャンブルにのめりこんでいるならば早いうちに対策を取った方が良いです。

 

「いつか気づいて辞めてくれる」なんて甘い期待を抱くよりも本気で向き合いましょう。