【騙されない】副業初心者が知るべき情報判断能力

仕事・ビジネス
スポンサーリンク

「よーし!副業するぞ!」

と意気込んでいるあなたは危険です。

 

なぜなら、これから副業を始めようと考えている初心者は大半が失敗するからです。

 

実際に私も最初はたくさんの失敗をしてきました。

といわけで、今回は無駄なお金や労力を消費して失敗する可能性を下げる方法を解説します。

 

  • 副業やネットビジネスについて詳しくない
  • 何かは始めたら良いか分からない

という人は、稼ぐよりも失敗しないリスクマネジメントの方が大事なので、しっかり学習しましょう!

副業をする前に知っておくべき事

副業の平均収入はどれくらい?


副業で稼げる額の平均は、3万~4万円です。

ただ、この平均額は仕事終わりや週末のアルバイトでの収入なども含まれていますので、実際に個人で行う副業の収入はもっと下です。

ちょっと調べると「アフィリエイトをしている人の77%が月5,000円以下の収入」というデータが目につきます。
これは事実ですが、実際のところは続けることができずに辞めていった人が多く含まれているからです。
しかし、裏を返せばあなたも大衆側にある可能性が高いのです。
副業平均額の3~4万円を稼ぐのは決して簡単ではありませんが、コツコツと続ければ超えれるハードの高さです。

楽しめる副業ならば簡単に稼げる

副業の平均額を知って、ガッカリしましたか?
しかし、現実を知る事が大切です。
なぜなら、ネット上の『誰でも簡単に初月30万円』の広告を鵜呑みにして副業を始めてしまうと、
同じように稼げず「あれ?思ったより稼げない!俺はダメなんだ…」となってしまいます。
声を大にして言いますが、
『楽して稼げる副業はありません』
【副業=趣味の延長】のように思っている人が多いのですが、それは甘い考えです。
例えば、アフィリエイトにしても毎日1記事書くのは文字を書くのが好きな人であれば楽しく稼げる副業に感じます。
でも、パソコンを触るのは嫌!文章なんて書けない!という人からすればアフィリエイトは拷問です。
結局のところ、あなたにあっている副業を選ぶのが一番大事な一歩です。

正しい情報を掴む事

前述で『楽に稼げる副業は無い』と伝えました。
楽に稼げる副業は無いですが、稼げる情報はネット上を探せば見つける事はできます。
ただし、簡単には見つかりません。
見つかったとしてもあなたに合うかは別の話です。
絶対に覚えていて欲しいことは、世の中は弱肉強食です!
あなたに粗悪な情報を売りつけて、金を奪おうとしている輩はたくさん存在します。
無数にある情報の中から正しい情報(=稼げる情報)を見つけて出すには、【情報判断能力】が必要なのです。

一番大事なのは継続する事

副業で稼ぐなら継続さえすれば大丈夫です。

 

正しい情報を掴んで、正しい方向で継続すれば、しっかりと結果は出ます。

 

何より継続すれば、自分に向いている副業かどうか判断もつきますし、データ取りができて今後の推移も予測できるようになります。

 

その頃には、コツやポイントも押さえれるようになり、楽しくなっているはずです。

 

なのですぐに結果を求めるのではなく、ある程度の期間は継続する事を守りましょう。

 

正しい情報を掴むためには

正しい情報を継続しなければ意味がありません。
それを判断する方法を解説していきます。

多くの情報に触れる

まず多くの情報に触れる事から始めましょう。
「インフフォトップ」で調べるとたくさん出てきます。
  • どんな種類があるか
  • 価格はどれ位か
  • どんな特典があるか
  • 販売された時期
  • 販売数量
一つの情報商材をとっても様々な特徴があります。
それをいくつも見てみましょう。
ただし、絶対に購入したり申し込みしたりしないでください。
何故なら、まだ情報判断能力が身についていないからです。
情報は色んな手を言葉やフレーズを巧みに使って、こちらの購買意欲を誘い・煽ってきます。
しかし、買ったら終わりです。
あなたはアリジゴクに吸い込まれてしまいます。
強い意志を持ってください。
まずは、これから飛び込む世界はどういったものなのかを知る。
騙されないようにするには、嘘や矛盾を発見するコツを身につけることです。

情報判断能力を身に付ける

情報判断能力とは、自分自身を守る為の能力です。
あなたからお金と労力、場合によっては人脈までも奪おうとする悪質情報を防げる可能性が高くなるからです。
では、情報を判断するにはどこを見ると良いか。
大事なのは以下の通りです。

ネットで調べる癖をつける

入手した情報をネットで調べましょう。
例えば、「ワンタップで毎月30万円の副収入」という情報を手に入れたなら、そのままネットで検索しましょう。
大概、「ワンタップ30万 詐欺」 「ワンタップ 稼げない」という結果がヒットします。
調べてすぐに悪評が見つかった時点で、警戒すべき情報である事は言うまでもありません。
しかし、「ワンタップ 稼げる」などのサイトが沢山表示される場合もあります。
信頼性が高いというわけではありません。
なぜなら、そのサイトも情報作成者の自作自演かもしれないからです。
内容を参考にするのはいいですが、必ず賛否両論を見ましょう。

住所を調べる

情報商材には「特定商取引に基づく表記」が記載されており、
  • 販売会社名
  • 代表者名
  • 住所
が載っています。

 

その住所をグーグルマップで検索しましょう。
すると会社周辺を見る事が出来ます。

 

ほとんど架空の住所か、実在するボロボロのマンションです。
もちろんどちらも偽造のものばかりですが、考えてみれば分かる事です。

 

「ワンタップ30万円」稼いでいるような人や「他人に100万円プレゼント」する人が、そんなところに住みますか?

 

これも有用な判断材料になります。

 

ちなみに今は、昔と異なり「バーチャルオフィス」・「レンタルオフィス」というのもあります。
簡単に説明すると、場所は実在するが格安で一時的に契約できる住所です。

 

こちらも前述の理由で危険です。注意しましょう。

 

会社の実態

会社を検索する
あなたが仕入れた情報はどこから提供されたものですか?
今の時代、大手会社だから安心というわけではありません。
まずは、情報を提供してくれた会社名を調べてみましょう。
➀アイタウンページ
②帝国データバンク(※有料)
③東京商工リサーチ
④ビジネスデータ企業情報横断検索
⑤法務省 登記簿謄本請求の概要
などを活用してヒットするか確認しましょう。
これにヒットしないだけで危険度は上がります。
ホームページを調べる
会社が存在するならば、次はホームページを調べましょう。
今どきホームページが無い会社は信頼性がグンと下がります。
ホームページさえ無い会社は警戒しましょう。
ホームページが見つかれば、次は調査をしましょう。
調査には「SEOチェキ!」というサイトを使用します。
ホームページのアドレスを「SEOチェキ!」の検索欄に入力します。
入力すると、色んなデータが出ますが注目するのは『ドメイン取得年月日』です。
これは、ホームページを作成した日を表します。
いつ作成されたものか、よく確認しておきましょう。
ホームページの作成日と情報内の実績が矛盾している事もあるからです。
「運用実績20年のわが社独自の手法を~~」なんて謳っている会社がHPを作ったのは1月前なんてこともありました。
怪しさ満天です。

累計販売件数

情報の内容にもよりますが、販売者が複数の情報を販売しているなら疑問に思いましょう。
  • 「ワンタッチで30万円」
  • 「月100万稼ぐ秘密のロジカルを公開」
  • 「初心者でもできる○○仕入れで50万円」
などなど。
それだけの情報を抱えていながら、なぜネット上に公開するのでしょうか?
多くの情報が、
  • 「詐欺のような情報に憤りを感じて本当の~」
  • 「あなたの夢の手助けをする為に~」
  • 「同じ志を持つ仲間を増やし世界を変えたい~」
等々の聞こえの良い事を言っています。
そんな事、ありえません。
基本的に業界への参入者が増えれば、自分の稼ぎが減るリスクがあります。
またどんなノウハウでも実践者が増えれば稼ぎにくくなり、飽和します。
そのデメリットと情報販売で稼ぐのを比較して、情報を販売しているという事は、
  • もう稼げない情報であるか
  • 嘘の情報である
どちらかです。
本当によい情報やノウハウは、秘密にするか仲間内だけで共有します。
一般に公開している時点で美味しい部分は残されていません。
しかしそれを隠して販売しても購入する人がたくさん居て稼げる為、もっともらしい理由をつけているのです。
もし、得た情報が本物ならば自分だったら他人に教えるか考えましょう。

画像検索

情報を吟味する際のブラウザは「グーグルクローム」を使用してください。
「グーグルクローム」ならば、画像の上で右クリックすればGoogleで画像検索という項目が出ます。
この機能は嘘を見破る際に役立ちます。
情報商材には実践者や講師陣の紹介があり、顔写真がのっています。
その顔写真を”画像検索”してみましょう。
すると、フリー素材やまったく関係のないサイトから無断で取ってきた人物画像だったりします。
中にはページそのものが画像一枚で構成されている事もあります。
その場合は、顔写真をキャプチャーソフトで切り抜いて”画像検索”を行いましょう。
自分で作った自信のある情報なのに、「他人の顔写真」を使用している時点で不思議ですよね。
これも有力な判断材料の一つです。

画像を疑う

「こんな成果が出ています」
「実際の売り上げ記録です」
という画像を見ても信じないでください。
画像なんて簡単に修正・偽造できます。
0を一つ増やすのなんてお手の物なので気を付けましょう。
また、通帳の振込画像を載せている場合もあります。
これは大概、振込者は黒く塗りつぶされていて振込金額しか分からないパターンです。
そんなの自作自演で入金をしているだけかもしれません。
安易に信じないようにしましょう。
やはり、一番確実なのは実際に会って見せてもらう事ですが、
そんな事を提案しても無視されるか、連絡自体取れないかの2択です。
なので画像なんて信用性が全くない事を覚えておきましょう。

特定商取引法

ネットで何か販売するならば、会社名や住所、連絡先などは記載してね。
というのが特定商取引法です。
これが記載されていないのも法律を順守していないので危ないです。
因みに、「特定商取引法」が表記されているから『安全』という思い込みも危険です。
これがあるからといって、別に何の信頼にもなりません。
楽して金を稼ぐためなら限りなくグレーな事など平然とする輩はたくさんいます。

情報判断能力の鍛え方

まずは先駆者にならえ

能力を鍛えるには何よりも数をこなすのが一番ですが、慣れない内は考え方や見方が合っているか分かりませんよね。
なので、慣れるまでは「情報商材を批評しているサイト」を参考にしましょう。
「情報商材 評価」で検索して、選出されるサイトを上から順番に見ていきます。
開いたサイトには、必ず何かしらの情報商材を評価している記事があります。
その評価されている情報をネットで調べて、その情報の広告ページを開いてください。
ページが開いたら、そのページを先ほどに紹介したポイントを踏まえて、自分で判断していきます。
「これは筋が通っていて信用できそう。」
「ここに矛盾が生じてるから論外だ。」
「う~ん、これは危険そうだな…」と。
そして、自分の考えと判断が決まったら、批評サイトの記事を見ます。
そこで同じような考えであれば、ある程度の判断能力が身に付きつつあるという事です。
あとは回数をこなして、自信をつけ、見れていなかった観点などを磨いていきます。
そうすることで、騙される事のない【情報判断能力】が養われていきます。
ここで重要なのが、『情報評価サイト』の選び方です。
参考にする記事が特定の商品を売るための自演記事だと意味がありません。
なので、信頼できそうなサイトを5つ程度選出しましょう。

批評サイトの選び方

絶賛ばかりしているサイトや複数の情報を推薦しているサイトは参考にしてはいけません。
大半が報酬目的で嘘の事を書いただけのサイトです。
基本的に信頼するべきものは批判レビューです。
批判レビューの多いものを選出し、その情報をネットで検索。
先ほどの情報を絶賛しているサイトは除外する。
を繰り返して、残ったサイトはまだ信頼性があります。
あとは、サイトを運営している人のキャラや生き様などを見て個人の好みで決めるしかありません。
ネット上だけで100%の区別は不可能です。
最終的に信じられるのは「自分自身のみ」という事を忘れないでください。

副業で相性抜群な組み合わせ

副業をする上での相性が良い組み合わせは、「即金性のある物販」と「長期安定的な資産媒体構築」である。

物販が良い理由

物販ビジネスとは、「物を売る」ビジネスです。
イメージしやすいのは、フリマアプリや自宅にある必要ない物を不用品販売などです。
利益が出る商品さえ見つける事ができれば出品して売れるのを待つだけです。
即日で売れた場合は、すぐに利益が発生するのでモチベーションを保ちやすいです。
副業を始めたはいいが、半年たっても利益が無ければ辞めたくなります。
しかし、物販ビジネスであれば早ければ1~2ヵ月で2,3万円程度の利益なら出せます。
なので短期的な目線としても物販ビジネスは、おすすめです。
ただ、誰でも何にも考えずに利益が出るほど甘くはありません。
ある程度の経験や知識・試行錯誤は必要です。

資産媒体構築とは

資産媒体とは、成果が出るまでは時間がかかります。
その代わり、ある程度すると少ない労力で大きな成果を出すことが出来ます。
ブログや動画などがそうです。
自分が働かなくても代わりに働いてくれるものが資産媒体です。
すぐに成果は出ませんが、長期的な目線で取り組むのがおすすめです。
短期と長期のものを組み合わると互いのデメリットを補えるのでおススメです。

稼ぐよりも騙されない力を鍛える

今回説明した【情報判断能力】は、副業を考えている人にとっては必須です。
 いきなりは難しかもしれませんが、継続する事であなたを守る知識となってくれます。
 必ずものにしましょう。