お年玉の相場はいくら?私が親戚の高校生に渡す為に準備したこと

ライフスタイル
スポンサーリンク

あなたは、年末までに準備しておくべき大事なものをご存知ですか?

 

そう!お年玉です。

新年には親戚一同が集まる機会も多く、甥や姪・いとこにお年玉を渡さなければなりません。

 

でも、準備をしようとした時に「どれくらい渡したらいいのかな?」って思ったことありませんか?

 

実際に私は、準備をするのを忘れていて新年から財布とにらめっこする羽目になりました。

だって、少なすぎたら自分のメンツが潰れてしまいますし、多すぎたら単純に自分の家計を圧迫してしまう…

 

ひとりひとりが少額でも親戚が多ければ、積もり積もって大きな額になります。

 

なので、変な見栄を張らずに平均金額をいれるのが一番無難でしょう。

しかし、お年玉の平均額ってどれくらいでしょうか?

 

というわけで、今回はお年玉の平均金額など私がお年玉を準備をする際に調べた事などを紹介していきます。

年代別のお年玉平均額ってどれくらい?

0歳~3歳→1,000円

4歳~6歳→1,000円

7歳~9歳→3,000円

10歳~12歳→5,000円

12歳以上→10,000円

というのが平均額の結果でした。

ただし、小学校入学前などの場合はお金では無くて「おもちゃ」をあげる意見も多かったです。

 

おもちゃも色んな種類があるので、ゲームや人形など場合によっては高くつきますが…

 

たまに私は、おもちゃとお金を渡す事があります。

小さい子だとお金の価値については、何となくしか理解していませんが兄弟が落とし玉を貰っているのを見ると同じ物が欲しくなります。

なので、少額でもポチ袋を渡すと納得してくれます。

 

お金を上げる場合は、一つの目安として『年齢×500円』というのが分かりやすくておススメですし、兄弟が同じ歳になった時に金額の差がつかないのが良いです。

お兄ちゃんの時は小学3年生の時は3,000円だったのに、下の子が同じ年齢の時に5,000円渡してしまうとブーブー言われてしまいます。

年齢×500円だとそのような間違いが起こらないので安心です。

 

しかし、これは渡す子の年齢を忘れてしまうと使えないのが難点ですので、生年月日のメモと年齢早見表を用意しておくと計算が楽で、ある程度の予測もつきます。

 

仮に高校生10人に渡すならば『1万円×10人=10万円』です。

これが年末に一気にくるとしんどいですが、事前に渡す額が分かっていると「月8,333円を1年間貯金していけば大丈夫だな。」と計画をたてれます。

 

お年玉の平均額は「年齢×500円」

 

データでより詳しく調べた平均額

先ほどに平均金額を紹介しましたが、あれはざっくりとした全体のデータでした。

 

実際には、個々で家庭環境も家族構成・付き合いの深さ・家計状況も違います。

結婚していると渡す数が増えますし、子供がいると相手側から頂く事もあります。

 

なので、ここでは結婚の有無や子供がいるかなどの状況に応じた平均額を紹介していきます。

 

独身の場合

独身の場合は、あまり会う機会がない姪や甥などの為にお年玉は渡さないという意見もあります。

しかし、大多数の人は渡すと回答していますが金額は全体平均より控えめの傾向です。

 

お互いに子供がいる場合はお年玉を渡し合う形になりますが、独身者からは貰いっぱなしになってしまいます。

そのことで相手側に気を使わせないように額を控えめにしているという事もあります。

 

平均額は、小学生低学年であれば1,000円。

中学生までは3,000円、高校生以上は5,000円というのが多い意見でした。

 

結婚しているが子供がいない場合

結婚しているけども子供がいない場合は、少な目か全体の平均額と同じ位です。

なので年齢×500円より少ない程度の考え方で良いです。

 

しかし、覚えておいて欲しい事があります。

お年玉を渡すのは、【渡す側のご厚意】という事です。

 

形式上で強制的に渡すものでも、催促されて渡すものでもありません。

自分があげたくないと思ったなら渡す必要は無いと私は思います。

 

実際に色んな人の意見を聞いてみると、

  • 「しっかりと会いに来たら渡す」
  • 「ありがとうと言ってくれるなら渡す」
  • 「渡せる相手が居るだけで嬉しい」
  • 「感謝が欲しいのではなく子供が可愛いから渡す」
  • 「催促されたら絶対に渡さない」
  • 「どんな理由でも会いに来ないなら渡さない」

という人がいます。

 

様々な意見があると思いますが、私は『子供の喜ぶ顔を見れたら嬉しい、子供がかわいいから渡す』という考えです。

それなのに会いに来なかったり・不愛想で感謝の言葉が無かったりすると、【来年は無しにする】という対処で良いと思っています。

 

色々と難しい年頃や恥ずかしい時期があるのも分かっています。

 

しかし、貰えるのが当然のような態度では無く、厚意を貰ったなら感謝の意を伝える。という人として基本的な部分は守るべきであると思っています。

 

これは私の意見なので賛否両論あるのもわかっていますが、お年玉一つで色々と親戚間で揉めたりする事もあるのです。

 

何かあった時に「せっかく、お年玉あげたのに!」とか「いつも私ばかり渡してる!」ってならないように、自分の中で納得できる理由を見つけて、厚意で渡せば良いのでは無いかな。と思います。

 

少し話がズレたので戻します。

子供がいなかったり、独身の場合は全体平均額より少な目に渡す事が多いという結果でした。

 

これは、相手側に申し訳ないとい気持ちを抱かせない為の配慮も含んでいるからと推測しています。

では、去年と状況が変わってしまっている場合などはどうする人が多いのでしょうか?

 

去年より家計が苦しい時

家計の状況も去年の全く同じとは限りませんよね。

そんな時は、出費を抑えるが普通です。その為、昨年よりも少ない額しかお年玉を渡せそうに無い場合もあります。

 

「でも、金額を減らしても良いの?」って不安ですよね。
先ほど説明しましたがお年玉は厚意です。

思いやりは金額で決まるわけではありませんので、減らす事に対しては全然気にしなくて大丈夫です。

 

心配性の人なら「相手に何か聞かれたどうしよう…」って感じるかもしれませんが、

常識がある人ならば詮索などしてきません。

仮に聞かれたとしても『去年の額を忘れてた』と言って受け流しましょう。

 

でも、中には「子供のがっかりする顔を見たくない!」って無理をする人もいるかもしれません。

それならば、負担にならない程度のお菓子などを一緒に渡すのがおススメです。

 

あくまでもお年玉は厚意であり、大事なのは金額ではありません。その理由を次の章で説明します。

 

お年玉は厚意からくるものであり、金額は多ければ良いというものでは無い

 

何故お年玉を渡すの?

ここまでお年玉の平均金額を紹介してきましたが、今まで、何となくで金額を決めていた人は参考になりましたか。

 

そもそもお年玉を渡す理由って何でしょか?

 

先ほどの章で「お年玉=厚意」と言いましたが、それは渡す側の気持ちの話です。

お年玉を渡す本当の理由については意外にも知られていません。

 

実は、お年玉というのは本来神様から頂くものだったのです。

 

厳格な由来などは省きますが、神様から新年に「魂(1年分の力)」を貰う。これがお年玉だったのです。

 

色んな理由があって、今では形をかえて「お金」になっていますが、元をたどれば神様から力を授かるものでした。

 

そう考えたら、金額の大小って関係ないと思いませんか。

 

お年玉は、神様から授かる力の事だった。

 

何歳までお年玉は渡すべきか

渡すのは高校生まで?成人するまで?

金額についての悩みはある程度解消されたはずなので、
次はいつまで渡すべきかを紹介していきます。

 

結論から言うと、明確な答えはありませんが、私は成人するまでと思っています。

 

何故なら、お年玉は目上の者から下の者に送るものだからです。

成人するまでは、未成年という事もあり=子供 という捉え方が一般的です。

 

しかし、成人すると大人の仲間入り=対等な扱いという認識に変わります。

20歳を超えた対等な立場にも関わらず、目下の者に渡すお年玉をあげるのは変ですよね。

 

なので私は成人するまでが期限と思っています。

是非、一つの目安として参考にしてみてください。

 

いつまでに渡すべきなのか

これは、先ほどと異なり明確な答えがあります。

ズバリ!松の内までです。

 

基本的には1月7日までですが、関西では15日までの地域もあります。

なので、遅くとも15日が期限ですので、それまでにしっかりと渡しましょう。

 

ちなみに松の内とは、神様が居る期間の事です。

お年玉が神様からもらう物だったので、神様が居る間の15日までが期限というのも納得ができます。

 

お年玉は成人するまでで、1月15日までに渡してあげよう。

 

手渡し出来ない場合の渡し方

毎年、必ず手渡しできるとは限りませんよね。

 

「別に15日を過ぎても良いや」って人は会える時まで先延ばしにすればいいですが、新年の縁起物なので期日までに渡したいですよね。

 

そんな人は、事前に親戚に預けておくか現金書き留めで郵送するのどちらかを選びましょう。

手軽で簡単なのは、あらかじめ預けておくことです。

 

ポチ袋の表面にあげる人の名前を書いて、裏面に自分の名前を記入しておきます。

 

それを信頼できる親戚に預けて、当日に渡すようにお願いしておきましょう。

あとは、ポチ袋を渡しておいてくれます。

 

大事なのは、信頼できる人に預ける。って事です!

適当な人に預けると紛失したり、ポケットマネーにされたりする可能性もあり得ます。

 

絶対に届けたいという人は、現金書留を利用しましょう。
方法は簡単で、郵便局に以下の物を持っていきます。

  • お金の入ったポチ袋
  • 印鑑

 

そして封筒に赤字で「現金書留」と記入して、ポチ袋を封筒の中に入れます。

次は、送り先と自分の住所を記入して封をします。

最後に封の真ん中と左右の合計3か所に印鑑をおします。

 

あとは窓口に提出して郵送料を支払って終わりです。

分からなくても、受付の人に聞けば教えて貰えますし簡単です。

 

できることなら直接対面で渡したいですが、毎年必ず会えるかとなると難しいですからね。

一緒に手紙も入れる事ができるので、入れておくと良いでしょう。

以上が、手渡しできないときの方法でした。

 

厳選!ポチ袋の選び方

お年玉を渡す際に現金そのままでは味気がないですよね。

そんな時は、ポチ袋という紙で作られた簡易なものにお金を入れて渡します。

 

特に形式ばったものでは無いので、コンビニなどでも購入できますし、折り紙などで手作りしてもOKです。

 

プリンターがある場合ならば、「ポチ袋 テンプレート 」などで調べると色んな種類のものが見つかりますので、印刷してのりづけすれば綺麗な袋が出来上がります。

 

多いのは、「大入」と書いた物、その年の「干支」が描かれたもの、マンガやアニメのキャラクターが載っているものです。

 

中には、思いつかないような面白いポチ袋が見つかったりします。

こういったところでインパクトを残すのも有りだと思います。

 

お金を入れる方法あれこれ

お年玉として渡すお金は「新札」である事が常識です。

「新札」には新しい門出をお祝いする。という意味があり、新年に渡すお年玉にはぴったりです。

 

小さめのポチ袋に入れる時に折り目がついてしまいますけど、それは気にしなくて良いです。

 

もし、気になるならば封筒位の大きさのポチ袋を用意して、そこにお金を入れたらお札に折り目をつける事無くお金を渡すことができます。

お札を折って入れる際は、二つ折りではなく『三つ折り』です。

お札を面白い形に折って渡す方法もあります。

 

あとがき

どうでしたか?

子供の頃は、お年玉は正月には欠かせないイベントでしたが大人になり、渡す側に回るとまた違った印象です。

 

入れる額は状況によって多少の増減したりすることもあります。

 

入学祝いと兼ね備えて多い目に入れる年があったり、今年は突然の出費が多かったから仕方が無く減額する年があったり。

額が昨年より差が出てしまうのは仕方がありません。

 

しかし、あなたの『厚意』をポチ袋に入れるのは忘れないように!

 

何となくでお金を入れるのではなくて、しっかり調べて・事前に準備をして計画的に行う。これが私がお年玉を渡すにあたってしたことでした。

 

以上で、今回の内容は終わりにさせて頂きます。
ありがとうございました。