キャッシング初心者におすすめな会社は?5社利用した私が借り入れから返済までを解説

ライフスタイル
スポンサーリンク

「キャッシングしたいけど何処がいいの?」
「使いやすいカードってある?」

と思っている人にキャッシング経験のある私が、おススメのキャッシング会社を解説します。

 

私は2年間で5社から借り入れしたことがあり、有名どころは殆ど利用しました。

その体験から分かった事や返済で大事なポイントについても紹介していきます。

 

  • キャッシング初心者
  • キャッシングしたいけど不安な人

は今回の内容を読んで貰えれば、キャッシングの借り入れから返済まで詳しくなれます。

5社利用して分かった!おススメのキャッシング会社はバンクイック

まず結論から言いますと、私が利用した中で一番良かったのは「三菱UFJ銀行のバンクイック」でした。

 

利用した会社は以下の5つです。

  • アイフル(アイフル)
  • セゾン(クレディセゾン)
  • ポケットT(ポケットカード)
  • PROMISS(プロミス)
  • 三菱UFJ銀行バンクイック(アコム)

 

全てキャッシングで利用して総額で90万円を借り入れしました。

しかし、正直なところ5つとも大差はありませんでした。

 

キャッシング会社ごとの特徴感想

①アイフル(アイフル)

知らない人が居ない程の大手会社です。

私が申し込みをしたのは無人君だったので30分くらいで審査が終わりました。

ネットからの申し込みも出来ますし、振り込みもできます。

 

 

初めてキャッシング目的で申し込みしたのがアイフルで、当時は無職だったので急いで派遣登録をして申請しましたが審査に通過。

なので、審査は甘く感じました。

 

唯一の不満点を挙げるとするならば、キャッシングカードの柄が独特でカードを見られた時にバレやすいことです。

 

 

②セゾン(クレディセゾン)

セゾンクレジットカードにキャッシング機能がついていて利用しました。

 

ショッピング目的で学生時代にポイントサイト経由で作ったカードだったので審査については覚えていませんが、アイフルやプロミスなどの消費者金融系に比べると厳しいようです。

 

ショッピングならば使いやすい会社ですが、キャッシング目的ならばおススメできません。

月々の返済額が他社は10万円の借り入れでも2,000円だったのにセゾンは10,000円でした。

 

なので返済が早くて済みますが、毎月の負担額が重くて大変でした。

 

また増額で返済したい時の専用ATMも少なかったり、時期がややこしかったりで良いイメージがありません。

見た目は普通のクレジットカードなのが唯一のメリットです。

 

しかし、色々と面倒なことが多かったので初心者にはおススメできません。

 

③ポケットT(ポケットカード)

Tカードにクレジットとキャッシング機能が付いたカードなので、一見はTカードです。

 

なので、財布に入れてて他人に見られても変に思われません。

 

これもTカード目的で作ったカードなので審査については覚えていませんが、積極的に会員を増やしている時期があるのでタイミング次第では通過しやすいです。

 

返済を口座引き落としにすれば楽ですが、それ以外ならばファミリーマートでの店頭支払いしかないので面倒です。

 

返済手段の選択肢が少ないのがデメリットですが、カードが財布に入っていても違和感が無いのは強みです。

キャッシングを使わなくなってもTカードとして使えるのもメリットです。

 

④PROMISS(プロミス)

アイフルと同じくらいの大手です。

PROMISSの審査を受けた時はアルバイトで、他社から3社借り入れしていたステータスなので激マズでしたが合格しました。

 

なので比較的受かりやすいです。

 

借り入れや返済も三井住友銀行のATMで可能なので便利でした。

何度かオペレーターに問い合わせをしたのですが、丁寧な対応だったのも好印象です。

 

不満点はカードにPROMISUの文字が入っているのでカードを見られたら、一瞬でバレます。

 

⑤三菱UFJ銀行バンクイック

申し込みは三菱UFJ銀行内で可能ですが、借り入れ先はアコムです。

 

私がネットで申し込みした際は、1週間で結果が出ました。

一番最後に申し込みをした会社だったので他社から総額40万円キャッシングした状態だったので、初めて借り入れ申請をする人ならば更に早いと思います。

 

借り入れ、返済はUFJ銀行のATMで可能なので便利です。

あと5社の中で唯一、私が半年で増額申請して通った会社でもあります。

 

ネットでの振り込みや借り入れにも対応しているので一番おススメです。

 

キャッシング会社を選ぶ際のポイント

  • 振り込み、返済はネットで完結する
  • 年会費は無料一択
  • 銀行系と消費者金融系の違いはない
  • カードのデザインを重視する
  • 審査が早い

 

上記のポイントさえ満たしていれば、どこの会社を選んでも大差はありません。

 

好みで選びましょう!

キャッシング会社を選んだら、次は審査に通るための準備をしましょう。

 

キャッシング申請する時の手順と注意点

申請は複数しても大丈夫?

キャッシングを考えているということは、お金で切羽詰まっていると思います。

だからと言って、複数の会社に一気に申請するのは止めましょう。

 

相手もボランティアでお金を貸しているわけでは無いので、貸したお金を回収しなければなりません。

 

しっかりとお金を回収できる見込みのある人間にだけ貸出したいわけなので、手当たり次第に申し込みをしている回収できるか分からない人間は避けようとします。

 

一つの会社に申請したら、次は最低でも半年の期間を空けましょう。

 

 

一つの会社を長く使うほうがお得な理由

コツコツと返済して、長く使えばキャッシング会社とあなたの間で信頼が溜まります。

 

そうなると増額の案内や金利の減少提案などをしてもらえるので利点が多いです。

色んな会社から借り入れするよりも一つの会社と長く付き合った方がお得なので慎重に選びましょう。

 

 

借りる前に返済シミュレーションは必須

借りた額と返済額は同じではありません。

 

返済には利子を乗せて返さなけばなりませんので、毎月いくら返して、そのうちの利子は何円かを把握しとかなければなりません。

 

でないと、

1万円返済しても元本が1,000円しか減っていない。

 

なんて状況になっても気づけませんし何時まで経っても完済までたどり着けません。

 

  • いくら借りるか?
  • 毎月の返済額は何円か?
  • 利子は何%か?
  • 完済時期はいつか?

などをシミュレーションしましょう。

 

シミュレーションは各キャッシング会社のサイトで行うことができます。

 

自分のステータスを整理しよう

キャッシング会社は社会的にステータスが高い人の方が返済してもらえる可能性が高いと評価します。

  1. 仕事に就いているか
  2. 金属年数
  3. 年収
  4. 家族構成
  5. 独身か既婚か
  6. 持ち家や借家か

などなどの複数の要素が絡みます。

 

現状の自分がどんなステータスなのかを整理して、自分がお金を貸す側だったらどうするか?

という視点で現状を整理しましょう。

もし、ステータスが低いのであれば上げましょう!

 

審査が甘い会社なんてない!

ネットなどでも「この会社は審査が甘い!」と書かれていますが、人によるので信用してはいけません。

 

審査が甘いと言っても、誰でも合格できる分けではありません。

 

定職について安定した年収があり、勤続年数も5年以上などの一般的な会社ならば審査が甘い。という話です。

 

無職で収入が無ければ絶対に受かりませんし、クレジットや奨学金などの滞納履歴があっても審査落ちします。

私が慌てて派遣に登録したのもそのためです。

 

審査が甘いなら「私は絶対に合格できる」なんて思わないようにしましょう。

 

キャッシングは借金!使わない方法も考えよう

さて、ここまでおススメのキャッシング会社などを紹介してきましたが、私は基本的にキャッシングは勧めません。

返済で苦労しましたし、利子が付くのでその時は良くてもトータルで見れば損をします。

 

そのあたりのデメリットについて解説していきます。

キャッシングのデメリット

返済しても無くならない恐怖の利息

借り入れしている額が多ければ返済しても返済しても利息に回されて元本が減りません。

 

実例で言うと、

私が10万円を借り入れしていた時の月額最低返済額は2,000円でした。

 

その割合は利息が900円、元本返済が1,100円です。

なので半分が利息で取られて、借り入れした10万円からは1,100円しか減りません。

 

借り入れ額が多くなれば、毎月5万円を返済しても元本が2,000円しか減らないなど悲惨なことになります。

 

返しても返しても完済に近づけないのは、こういった利息の恐怖があるからです。

 

シミュレーションを事前にしておけば、その悲惨な状況から脱出するために毎月を増額返済する気になりますが、何も考えずに最低額だけを払っていると感覚の麻痺と相まって人生詰みます。

 

 

家族や職場にバレる可能性も多少ある

キャッシングだけに限らず、クレジットカードを作る時もそうですが、

申請時に職場を記入する欄があります。

その記述が嘘でないかの在籍確認電話が絶対にかかってきます。

 

社名を名乗ることはなく、個人名で申請者宛に電話がきますので、普段から電話がかかってくるような職場で無ければ怪しまれます。

 

また、在籍確認の電話もコールセンターのような口調なので職種によっては不信感を感じられてバレます。

自分が電話に出れたらリスクは減りますが、ランダムでかかってくるので対策はありません。

 

 

申請が通過した後にネットであればカードが自宅に送られてくるので、受け取りが家族であればバレます。

しかし、これに関しては無人君で受け取るようにすれば防げるので大きな問題ではありません。

 

 

ただ、無人君に入るところを知人に見られたら終わりなので、人里離れた場所で夕方などの人通りの少ない時間帯に上手く入りましょう!

 

 

何とかなると思う感覚の麻痺

個人的にこれが一番のデメリットだと思っています。

 

切羽詰まった状態をキャッシングで乗り切っても、また同じピンチになったさいに「キャッシングで何とかなるだろー」と借金をすることへの抵抗が無くなります。

 

  • ガンガン借り入れて、返済は最低額。
  • 元本だけが膨らみ、毎月の返済額が増えていく。
  • 限度額がきて、新しくキャッシングを申し込む。

 

このサイクルにハマると人生詰みます

 

 

こういったデメリットもありますので、キャッシングしない方法を考えるのも一つです。

 

例えば、

  1. 短期のバイトをする
  2. 不必要なものを売る
  3. 買いたいものは我慢する

など考えればいくらでも方法はあります。

キャッシングは最終手段くらいに考えておきましょう。

 

返済さえしっかりすればキャッシングは便利!

返済額は知っておこう!

口座引き落としにしていたり、借り入れ先が複数などになると何にいくら返済しているか分からなくなります。

 

自分がいくら返済し、利息がいくらなのかは本当に把握しておくべきです。

私が完済までたどり着けたのは、その2点を整理したからです。

 

 

返済時に注意しておくべきこと

返済時はいつまでにどこで返済できるのかを確認しておきましょう。

  • ATMでも可能なのか?
  • ネット振り込みにも対応しているのか?
  • 期日の何時まではセーフなのか?
  • 返済の手順は?
  • 次回の返済はいつか?

などなど。

 

 

返済の期日を過ぎた場合はどうなるのか?

人間失敗はあるものです。

気づいた時には返済期日が過ぎていた…

なんてこともあります。

 

 

別に期日を過ぎても怖い黒服の人が家に押しかけてきたりはしません。

 

ただし、信用情報に傷がつくので、増額や新しくカードを作るのは数年絶望的になります。

 

 

うっかり忘れてしまっていた場合は、すぐに借り入れ先の会社に電話して「どうすればいいか?」聞きましょう。

殆どの場合が、指定の口座に振り込むように言われます。

 

 

滞納を繰り返しても良いことは何一つありませんので、借りた以上はしっかりと返済しましょう。

 

借り入れも返済もネット完結するバンクイックが最強!

使ってみた感想としては、大手のキャッシング会社であれば大差はありません。

 

なので選ぶ際はカードのデザインと自宅から返済できるATMや銀行が近いかなどで決めるのがおすすめです。

 

私はATMも多くて、ネットで完結する。

増額の要望にも応えてくれた三菱UFJのバンクイックが最強だと感じました。

 

 

個人的にはキャッシングの返済で苦しんだので、使わないにこした事はありません。

 

しかし、お金が必要な時に一番簡単な手段であるのも事実なので、利用する際は返済までの計画とシミュレーションをしっかりと行ってから使いましょう。