デスクワークは太る!1日10分から始めるダイエット方法

ライフスタイル
スポンサーリンク

事務職で働いているドットカラーです。
世間一般では【デスクワークの仕事=楽】という印象があるんですが、そんな事はありません。

 

毎日イスに座ってのパソコン作業や電話対応ばかりなので、腰痛や肩こりに悩まされますし、ブルーライトによって目の疲労と視力の低下もおきます。

 

そして、何よりの問題が…
『運動不足による体重増加』です!

 

実際に私は1年で体重が5kgも増えました。
運動不足の日々とストレスで増えていく体重と脂肪、気づけば現場で働いていた頃には考えられなかった体型に。

「どうしてデスクワークは太りやすいのでしょうか?」
今回は、その理由と解消する為の方法について紹介していきます。嬉しい事に私はこの方法で順調に体重が減っています。

1.デスクワークで太るのは仕方がない
2.肩と首のこりで血流が悪くなる
3.デスクワークで5kg太った事実
4.意識を変えないと痩せないよ
5.自宅の10分エクササイズで十分効果的!
6.太るのは仕方がないので10分運動から意識改革

1.デスクワークで太るのは仕方がない

まず最初に知っておきたいのが、デスクワークで太ってしまうのは仕方がないということです。

現場で働いている人って、毎日1万歩も歩くことなんて普通です。

工場や配達業の人であれば2万歩を超えることもあります。

 

販売員の人であれば接客する際は立ちっ放しですし、仕事中に意外とカロリーを消費しているんです。その結果【消費カロリー>摂取カロリー】となるのです。

 

仕事でしっかりとカロリーを消費しているので『食べてもあまり太らない』のです。しかし、デスクワークとなるとそうはいきません。

歩くのが1万歩はおろか、3000歩で仕事を終えてしまうことなんて当たり前です。

 

動く量は減っているのに食べる量が変わらない。そんな状況が続いてしまうと【消費カロリー>摂取カロリー】となり、太っていくのです。

最悪なのは、その事に気づかずに「私は食べても太りにくい体質なんだ~」なんて勘違いをしたまま食べる量を減らさず、運動もしない。

 

気づいたころには、「生活習慣病です」という事になってしまうのです。

2.肩と首のこりで血流が悪くなる

デスクワークはずっとイスに座った状態でパソコン作業をします。
そうなると、人間の習性で無意識のうちに「楽な姿勢で作業」をします。

 

これが姿勢の歪みや肩こり・首のこりに繋がってしまうのです。

どうですか?あなたも肩こりや首のこり。腰痛などに悩まされていいませんか?

こういったことが積み重なっていくと血流が悪くなり。代謝が低下してドンドン太りやすい体質へとシフトしていき、先ほどの運動量低下を相まって「やったね!メタボの完成」という悪循環に陥ります。

 

血の流れとダイエットは本当に関係が深いです。

先ほど消費カロリーの話をしましたが、カロリーを消費するのは脳や筋肉・内臓などです。筋肉や内臓が動く為には血液中に含まれる酸素が必要です。

血流が悪いということは、カロリーを消費してくれる筋肉や内臓の働きが悪くなり基礎代謝が落ちて、結果的に太りやすくなってしまうのです。

すなわち、デスクワークによる姿勢の歪みが太る原因を作る一つでもあるのです。

 

3.デスクワークで5kg太った事実

私もデスクワークの仕事に就く前は、しっかりと健康的な体型を維持していました。健康診断を受けても全く問題が無かったのですが、今年は「軽度糖尿病」の診断を受けるくらい太ってしまいました。

 

私も昔は、日中は仕事で歩き回り一日1万歩は動いていたので、身体が疲れた日は甘いものを食べたり、焼肉を頻繁に食べたりしていました。

そんな食生活を過ごしてもあまり体型は変わらない。

 

しかし、仕事内容が事務職になってからは一気に変化しました。

正直、初めは「事務職はめちゃくちゃ楽じゃん。これはラッキー」と気楽に考えていたのですが、パソコンを使う仕事は肉体的に楽な分、頭を使った作業が多くて途中で頭が「ぼっー」としてきます。

なので、仕事が終わると非常に甘いものが食べたくなるんです。

最近はコンビニの甘い物も美味しくなってきているので、それをちょくちょく食べていました。

「どうせ食べても太らないし大丈夫だろ!」と軽く見ていた結果が、健康診断の「糖尿病」の判定に繋がりました。

 

事務職になってから、お風呂に入る時に自分の腹を見て「太ってきたかな?」と思う事はあったのですが、そこまで深刻に考えいませんでした。

 

4.意識を変えないと痩せないよ

健康診断のショックを受けてからは、何かデスクワークしながらできる運動をしないとダメだと思いネットで良い方法を見つけて、いくつか実践しました。

しかし、『そんなの意味ありません!』

 

イスに座りながらできるエクササイズなんて消費カロリーは微々たるものです。正しい姿勢を意識する方法も仕事が忙しい時はそんな事に意識を回している暇はありません。

 

結局のところ続かないのです。
仕事の合間に出来るエクササイズで痩せよう!なんて甘い考えがそもそも間違いでした。

本気で痩せたいのであれば食事の量を減らして、痩せる為のエクササイズ時間を取ることへ意識をシフトさせないと無理と実感しました。

 

5.自宅の10分エクササイズで十分効果的!

あなたは熱しやすく冷めやすい性格ではありませんか?

ダイエットしようと決意したものの最初に飛ばし過ぎて、1カ月後には「ダイエット何それ?美味しいの?」という状態では意味がありません。
というか私がそのタイプです…

 

ダイエットで一番大事なのは継続することです!
いきなり1時間のランニングをして、食事も半分に減らして、休日にはスポーツジムに行って。なんてこと実施しても続きませんので、ゆっくりと習慣化していきましょう。

 

私は『10分程度の自宅で可能な道具を買う必要もない運動』から始めました。
その内容がこれです。

どうですか?
これならば自宅でできて時間も10分程度、しかも楽しくできるんです♪
バリエーションも豊富なので飽きにくいのもメリットです。

 

私は、ストレスが溜まった時は好きな曲を歌いながらこのエクササイズをしています!コツは見よう見まねの動きで良いので恥ずかしがらずに思いっきり動くことです。
自宅でできるので他人に見られる心配もありませんので、ダイエットとストレス解消ができて一石二鳥です!

 

6.太るのは仕方がないので10分運動から意識改革

運動量が少ないのでデスクワークは仕方がないのです。

何か対策をしなければ太るばかりですが、いきなり激しく動くと反動で続きません。簡単に始める事ができる自宅の10分エクササイズでダイエットの意識付けをしてから、食事を減らしたり運動時間を増やしたりなど本格的にシフトしていきましょう。

千里の道も一歩から。
身体にしつこくついた脂肪は簡単には落ちません。長い目で見て一緒に戦っていきましょう!