ノートパソコンのバッテリーは3年!画面が映らない症状の解決策

ライフスタイル
スポンサーリンク

急にパソコンが使えなくなると困りますよね。

 

私が使っているパソコンは3年前に購入したの物ですが、3年も使っていると少しずつ色んな所に異常が発生してきます。

 

ついこの前は画面が映らなくなったり、音が出なくなりました。

 

「もうそろそろパソコンを買い替えないとダメな時期なのかな?」と疑問が浮かんだので、色々と調べてみました。

 

こんな症状が出て困っている

パソコンを買い替えた方がいいの?

という疑問を抱えている人は、今回の内容を参考にしてみてください。

 

目次

1.3年使うとバッテリーはダメになる

2.パソコンに異常が発生した時の対処法!

3.3年もするとスペックが低下している

4.パソコンは投資という考え

5.3年を目途に買い替えを検討しましょう

 

 

1.3年使うとバッテリーがダメになる

まず結論から言うと、ノートパソコンの寿命は3~5年と言われています。

 

それは、ハードディスクやバッテリーなどの内蔵部分が壊れてしまう可能性が高いからです。

中でもバッテリーの故障が目立ちます。

 

 

ハードディスクの故障の場合は諦めるしかありませんが、バッテリーによる異常であれば交換すれば使えます。

 

実際に私のノートパソコンも突然、電源は入るけども動かなくなりました。ただ、バッテリーを買い直したら動くようになりました。

 

しかし、バッテリーを交換してもハードディスクの寿命も迫ってきていると思うので、やはり3年を目途にして「パソコンは消耗品!」と割り切りましょう。

 

それでも、データの移行や「やっぱり使い慣れたパソコンが良い」という人は、次に紹介する方法を試してみてください。

一時的な応急処置としてパソコンが起動するかもしれません。

 

 

2.パソコンに異常が発生した時の対処法!

①画面が真っ黒な状態から進まない場合

まず、この動画をみてください。

 

これはバッテリーの異常による異変の場合は効果抜群です!

私のパソコンも同じ症状でしたが、すぐに使えるようになりました。

 

メリットは、簡単でお金がかからない事です。

 

デメリットは、電源からの駆動になるので充電線が抜けたら「強制終了」したのと同じ扱いになりますので、その度にパソコンの修復が必要になりますし、最悪データが飛んでしまう可能性もあります。

 

なので、本当の一時的な処置として新しいバッテリーを買いましょう。

 

 

②音が出なくなったりネットが繋がらない

突然、スピーカーアイコンとネットアイコンに「✕印」が表示されて、どちらも使えなくなりました。

ネットで対策を調べてドライバーのインストールなどを試してみるも効果なし。

 

そんな時は「パソコンのリフレッシュ」をおススメします。

 

 

「リフレッシュ」は初期化と違って、個人ファイルのデータを残したままパソコンを修復するので、ファイルを移行させる必要が無いので楽です。

 

 

メリットは、データを残せるので楽。

デメリットは、windowsのバージョンが戻るので最新版へ戻す再アップデートに時間がかかること。

 

 

どこを探しても治す方法が見つからない症状は、リフレッシュ又は初期化が安定します。

 

でも、結局のところ一時的な処置にしかすぎませんので、3年以上使っている場合は買い替えを検討したほうが良いでしょう。

 

 

3.3年もするとスペックが低下している

今はドンドン性能が良くなって3年前のパソコンではスペックが追い付きません。

 

すぐにメモリ不足になりますし、ファンの冷却性能も落ちています。

当時はスペックが高かったパソコンでも3年もすれば廃盤になってて、遥かに良いスペックパソコンが安くで売られています。

 

バッテリーを購入したり、リフレッシュしたりするのも良いですが一番最適な手段は「買い替える」という方法です。

 

3年すると過去の産物になってしまうのが、パソコンのデメリットです。

 

 

4.パソコンは投資という考え

パソコンを買い替えるとなっても、新品を買うならば10万円以上はします。

少なくとも安い買い物ではないです。

 

 

かといって、3万円などの低価格の物を購入すればスペックが低すぎて、ブラウザを開くだけで15秒もかかりストレスが溜まって仕方がありません。

 

なので、そこは割り切って『パソコン=投資』という考え方をもちましょう。

 

 

休みの日にネットサーフィンする際にページを読み込むのに3秒短縮できれば、それだけで累計かなりの時間を節約できます。

 

もし、パソコンを使う仕事している「イラストレーター」や「プログラマー」であれば処理速度の速いパソコンを購入しても、副業で毎月1万円稼げば購入代なんて簡単にペイできます。

 

パソコンは消耗品ですが、本体に投資をする意識では無く。

快適さやスピード感、ストレス軽減に対しての「投資」と考えを持ちましょう。

 

 

5.3年を目途に買い替えを検討しましょう

ここまでの内容をまとめます。

  • 画面が起動画面から動かなくなったらバッテリーが原因の事が多い。
  • 一度バッテリーを取り外して再度、起動してみる。
  • 解決すれば、バッテリーの交換が必要。
  • パソコンに異常が発生すれば「リフレッシュ」が楽。
  • 「リフレッシュ」「リカバリー」してもダメなら、買い替えるしかない。
  • パソコンは3年するおもちゃレベル同様、買い替えを検討。
  • パソコンの投資ではなく、「時間と労力」への投資と考える。

 

 

パソコンに異常が発生したり、バッテリーの交換が必要になれば買い替えの選択一択です。

使い慣れたパソコンを使うのも良いですが、今は凄いスピードで電子機器が進化しています。

 

パソコン1台で生活費を稼ぐ人も居ますし、お金のかからない娯楽として、交流を広げるツールとして活用する人も居ます。

なので、「低スペックのパソコンで良いや」という考えから脱して、思い切って買い替えましょう。