ノートパソコンの寿命って?この症状が出たら買い替え時

ライフスタイル
スポンサーリンク

「ノートパソコンの調子が悪いけど買い替えるべき?」

「寿命ってよく聞くけど何?」

 

そんな疑問をかかえいますね。

ちょうど私の使っているノートパソコンが5年で寿命を迎えて動かなくなりました。

 

動かなくなる前にパソコンに異変が生じていたので、それが寿命の前触れだったのだと思います。

寿命で動かなくなったのでその後の処理が大変でした。

 

というわけで、今回は寿命がくる前に出る症状と修理より買い替えたほうが良い理由について解説します。

 

目次

1.ノートパソコンの寿命は5年
2.寿命がきたら修理より買い替えるべき
3.買い替えなら圧倒的にネットがおススメ
4.データの移行準備はこまめにしよう
5.実際にパソコンを買い替えた体験談
6.ノートパソコンは消耗品!思い切って買い替えよう

 

 

1.ノートパソコンの寿命は5年

・平均寿命の5年を超えたら要注意

ノートパソコンであるならば早ければ3年、平均で5年が寿命です。

 

その一番の理由はハードディスクが壊れるからです。

 

他にも

  • バッテリーがおかしくなる
  • 充電器が動かなくなる
  • モニターが付かなくなる

などの症状が出始めます。

 

 

こういった症状は

  • パソコンを稼働させている時間の長さ
  • 持ち運びの衝撃
  • 内部のホコリの溜まり具合

などによって前後します。

 

私の場合は毎日8時間程度の稼働時間で、外には持ち出さないが部屋の中を移動させる、ホコリの掃除は一度もしていない状態で5年でした。

 

なので少なくとも使い始めて3年を超えたら寿命も頭に入れておきましょう。

 

 

・寿命がきた時の症状

①バッテリーの寿命がきた症状

ノートパソコンには簡単に取り外しができるバッテリーがついていて、バッテリーに寿命がくるとパソコンの電源は付くけども画面が真っ黒のままで映らない症状が現れます。

 

症状がハードディスクの故障と似ていますが、バッテリーを外すと通常通りになります。

その時の治し方については、「バッテリーの寿命は3年が限度」の記事で解説しています。

 

 

②充電器がおかしい時の症状

充電器で一番多いのが接触が悪くなって、接続してもバッテリーが充電されないケースです。

 

この場合は断線しているかもしれないので買い替えるのが一番手っ取り早いです。

 

 

③ハードディスクに寿命がきた場合

これが一番やっかいです。

まず最初にパソコンの電源が急に落ちる症状が出ます。

 

毎回落ちるわけではありませんが1か月に1回くらいの頻度で落ちて、再度パソコンをつけても画面が真っ暗のままで動きません。

 

 

何度か再起動を繰り返すと症状が一時的に改善されますので、急いでバックアップやデータの移行準備をしましょう。

できれば毎日バックアップを取るのがベストです。

 

 

私の場合は急に電源が落ちる症状が出てから2か月後に再び同じ症状が出て、それから動かなくなりました。

こうなってしまったらどうしようも無いので、修理か買い替えるのどちらかを選択しましょう。

 

 

2.寿命がきたら修理より買い替えるべき

パソコンを使い始めて3年以上が経過しているならば、修理するよりも買い替えたほうが良いです。

その理由は2つあります。

 

①全パーツ寿命なのでトータルで高くなる

例えば、私の場合であればハードディスクが故障しました。

 

修理を依頼すれば2万5000円~3万円が相場です。

買い替えると安くても5万円、高ければ10万円はしますので一見、修理したほうが安く済むように感じます。

 

 

しかし、ハードディスクを修理したとしてもパソコンを止めているネジが壊れて内部が見える状態でした。

他にもファンやディスプレイライトなど別のパーツの寿命を間近で、かなりの修理が必要になっていたと思います。

 

 

ハードディスクが壊れやすく一番寿命が短いだけで、他のパーツも消耗しています。

一部分だけ修理しても次々と壊れるので、かさむ修理費用と手間を考えると買い替えたほうが費用も時間も短縮できます。

 

 

②ノートパソコンは3年もすると過去の産物

今の時代はパソコンもスマホも進化が著しく、購入時は平均スペックだったパソコンも3年すれば起動・処理ともに遅くなり、使い物になりません。

 

そういった時代の変化とパソコンの劣化に対応するためにも買い替えをした方がよいです。

 

 

因みに私はパソコンを買い替えたことで

  • HDDからSSDに変わったので起動が早くなり
  • CPUの能力も上がって作業がサクサク進む

良いことばかりです。

 

修理ではスペックが上がることはありませんので、今のパソコンに不満があるならば思い切って買い替えをしましょう。

 

 

3.買い替えなら圧倒的にネットがおススメ

パソコンを買い替えるならば電気屋などの店頭で買うよりもネットで購入しましょう。

 

ネットの方が種類が多くじっくりとスペックの比較もできます。

 

また値段もメーカーからの直接購入だとセールで安く買える場合があります。

実際に私は夏にDELLのサイトから15%OFFで購入しました。

 

 

ただし、デメリットもあります。

メーカーからの購入は受注生産が多いので注文から自宅に届くまで2週間は必要です。

 

パソコンを仕事道具にしているフリーランスの人だと2週間は致命的なので、そういった急ぎの人は店頭で購入したほうがよいでしょう。

 

 

4.データの移行準備はこまめにしよう

ノートパソコンを買い替える前にするべきことがあります。

 

それはデータのバックアップとアプリなどのライセンス移行です。

パソコンが完全に動かなくなってからでは、データの移行とアプリの準備だけで半日費やします。

 

できれば、月1回はUSBや外付けHDDにデータを保存しておきましょう。

 

 

USBやHDDがないなら

  • evernoteやDropboxなどのサービスを活用
  • ブラウザのブックマークのエクスポート
  • 頻繁に使うサイトのIDやPWの整理

をしておけばOKです。

 

いつパソコンが壊れても大丈夫なようにデータの移行準備をしておきましょう。

 

 

5.実際にパソコンを買い替えた体験談

パソコンを買い替えた感想は、「思い切って買い替えて良かった」と思っています。

 

CPUもメモリも良いものに変えたのでブラウザも動画もサクサク動きますし、能力が高いのでプログラミングもや動画編集もスムーズ。

 

オンラインゲームも問題なくできるので、値は張っても買い替えて良かったです。

 

ただ、bluetoothのバージョンやUSBポートの数などを確認していなかったので、買い替える際は慌てて買わずに日ごろから候補をピックアップしておいてゆっくりと決めれるようにしておいたほうがよかったです。

 

SSDに変わって、故障のリスクも下がったはずなのでトータルでコスパの良い買い物だったと思っています。

 

 

6.ノートパソコンは消耗品!思い切って買い替えよう

ノートパソコンが故障したり、異常が発生したら思い切って買い替えましょう。

 

実際に買い替えた者の意見として、長い目で見れば修理よりも買い替えるほうがいいと感じました。

 

仮に15万円のパソコンを買ったとしても月1万5千円を稼げば一年でペイできるので、安いものです。

 

変な症状が出たら時間との勝負なので、データの移行準備から始めていきましょう!