バイト先をばっくれるとどうなる?電話や家への直接訪問が!

ライフスタイル
スポンサーリンク

アルバイト先からばっくれた経験はありますか?

私は3回あります。

 

世間一般的には『ばっくれ=悪』とされています。

しかし、経験者である私としては【ばっくれされる職場が悪い】と意見させて頂きます。

もちろん、職場全体に迷惑をかける事になるし、人としての筋が通っていないという行動である事も分かっています。

 

ただ、ばっくれした事ばかりを責めて、される職場環境に問題が絶対に無いのか?と言うとそうではありません。

 

もし、あなたが現在の職場からばっくれたいけど、

「電話がきたら…」などの不安で行動に移せていないのであれば、今回の内容を参考にしてみて下さい。

 

私がばっくれを3回した時の話とばっくれをされた側になった時の話を紹介していきます。

 

<目次>

1.私がばっくれをした理由

2.電話や家への直接訪問があるって本当!?

3.事前に準備をしてから実行しよう

4.ばっくれをするメリット・デメリット

5.癖になってダメ人間になるのか?

6.あとがき

1.私がばっくれをした理由

冒頭でも記載した通り、私は3回のばっくれ経験があります。理由は以下の通りです。

1社目:交通費支給の打ち切り

2社目:採用時との契約違い

3社目:人間関係

 

 

因みに3社連続でばっくれしたわけではありません。1社目と2社目の間で、ばっくれしないで2年間働いた会社があるので、世間一般的に言う『逃げ癖がつく』というのは感じませんでした。

 

 

さて、初めてばっくれをした1社目の時は、働き始めて1週間後のタイミングでした。

勤務後に突然、所長から「自宅どこだっけ?」と聞かれて、私は「○○です」と回答。

 

 

すると、「なら、自転車でこれる距離だよね。交通費もいらなくなるし、明日からそれで来て。」と言われました。

 

正直、『はぁ?何言ってんだこいつ?』と思いました。

 

「面接の時も言いましたが、自転車でこれますが1時間かかります。それに平日は学校から直接勤務するので電車でしかこれません」と言いましたが、

「××さんも自転車できてるけど?」と謎の言い返しで所長は聞く耳もたず。

主任に相談するも、言葉を濁すだけで解決してくれる気配無し。

 

 

そこで、、、

【面倒だし、ばっくれよう!】と決意して実行しました。

これが初めてのばっくれでした。

 

 

2社目は、面接時に聞いていた契約と違う内容だったので3日でばっくれ。

3社目は、人間関係のトラブルで1カ月後にばっくれ。

 

という感じでした。

 

 

私の時は、『話し合いや交渉』をしましたが全く無駄でした。

改善されない職場で無駄に時間を消費して、ストレスを溜めるくらいならば、さっさと辞めて次のバイトを探した方が効率的です。

 

 

辞める際に面倒な事を言われたら…

すんなり辞めさせてくれなかったらどうしよう…

と悩むくらいならば、対策をして【ばっくれ】しましょう。

 

対策とは次で紹介する、電話や自宅への訪問対策です。

それについて解説していきます。

 

2.電話や家への直接訪問があるって本当!?

・電話がくる頻度と期間

まず、電話は確実にきます。

シフトの勤務開始時間ごろに1回

1時間後位に1回

閉店前に1回

の合計3回程、携帯電話にかかってきます。

 

 

ただ、これは事前に辞めそうな事を匂わしていた場合です。

長く真面目に働いていた期間が長ければ、突然ばっくれを行うと職場の人も『事故にあったのでは?』と心配して自宅へ電話をかけてきます。

 

 

電話がくる頻度は、大体1日3回前後です。

期間は、職場にもよるので一概には言えませんが平均だと1週間~1カ月は電話が続きますが、日に日に回数は減ってきます。

 

 

もし、何回も電話がかかってくるのが煩わしいという人は、職場の電話番号を着信拒否にしてしまうと手っ取り早いです。

自宅の固定電話も忘れず着信拒否設定をしておきましょう。私の電話は古くて設定できなかったので、日中は回線を抜いていました。

 

 

・手紙が来たケースもあり

電話が1カ月でこなくなったある日、職場から封筒がきた事もありました。

中身は手紙で大した内容ではありませんでしたが、こんなケースもある事を紹介しておきます。

 

 

・場合によっては家への訪問もある

基本的に自宅への訪問というのはありません。

ただ、自宅が職場から徒歩で来れる距離であったり、制服や鍵など重要なものを預かったままであれば回収の為に訪問してきます。

 

 

私も鍵を持ったままばっくれをした人の自宅には訪問して、返却してもらいました。

なので、ばっくれをする前には借りていたものなどは返却しておきましょう。この辺りを忘れずに行っていると自宅まで来る可能性はゼロになります。

 

 

・残された側の現場状況

ばっくれしたも職場は大丈夫かな。

そんな事を考えてしまいますか?

私もばっくれをされる側になった事があるので、その時の職場状況を考えてみても…

特に大きな問題ではありませんでしたね。

 

 

「時間になって○○さんが来ない」

「電話をかけて繋がらなければ、代わりのスタッフを探さないと!」

という感じで、その時は慌ただしくなりますがその日が終われば通常通りです。

 

 

それにばっくれは今の時世、頻発しています。職場の人も「またか…」くらいに思うだけなので、ばっくれを決行する事に気を病むことはありません。

淡々と準備をして決行しましょう。

 

3.事前に準備をしてから実行しよう

・制服や借りものは返却する

制服や鍵など支給されたものは返却しましょう。これさえ返却しておけばトラブルに発展する可能性も少なくなります。

私は、個人ロッカーに全て置いてばっくれしました。

 

 

ただ、突然ばっくれをしてしまった場合は制服などが手元にあると思います。その時は、店に直接返却しに行くか、宅急便などで送りましょう。

方法はともあれ、返却さえしておけばOKです。

 

 

・ロッカーに私物を置いてきた

ロッカーに靴や鞄などを置いたまま、ばっくれをしてしまった場合は残念ですが諦めるしかありません。取りに行く手段もありますがメンタルがかなり強くないと困難です。

 

過去に私物を送るようにFAXで催促した事もありましたが無視されました。

なので、よほど大事なもので無い限りは買い替えましょう。

 

 

・給料日の直後に実践すべし

ばっくれをした時点で、職場からは人として扱ってもらえません。

 

私がばっくれした3社は全て給料を支給してくれましたが、中には違法ですが給料を振り込まない会社もあるようです。

そうなると、時間と労働力だけが無駄になるので、給料日の後に振り込まれたのを確認してからばっくれると安心です。

 

4.ばっくれをするメリット・デメリット

ばっくれをするメリット

・嫌なバイトから解放される
・辞める事に対してグチグチ言われない
・即日で辞めれる

ばっくれをするデメリット

・同じ会社では働けなくなる
・行動範囲が狭くなる

 

デメリットというほどでも無いかもしれませんが、ばっくれをした会社では働けなくなります。

 

本社や人事にまで連絡がいってるので、店舗が違っても採用される事はありません。他にもばっくれした店舗を利用しにくくなったりなどしますが、気にならない人や自宅から遠ければ問題ありません。

 

5.癖になってダメ人間になるのか?

「嫌な事から逃げると逃げ癖がつくよ!」というのを聞いた事はありませんか?

ばっくれも同じで、嫌な事があっても頑張りましょう!…

 

 

なんて事は全く思いません。

 

 

実際に私はばっくれを3回しているわけですが、その後に働いた職場では3年働きましたし、現在の働いている職場も5年目になりそうです。

 

もちろん、その間に嫌な事も大変な事もありましたが【逃げずに継続】しています。

 

逃げ癖なんて事は、その人が何の根拠も無く適当に言っているだけです。

『逃げる=ダメ』では無く、自己防衛の手段だと思います。

 

 

働いてみて合わないのであれば、次々と働いてみて自分に合う環境を探しましょう!

6.あとがき

さて、どうでしたでしょうか?

私が過去に行ったばっくれについてでした。

 

 

辞めさせて貰えずに無駄な時間を過ごすくらいであれば、ばっくれてしまった方が簡単です。

 

 

「ばっくれたら訴える」と言われた。

などの体験談もネットでは見かけますが、実際に訴えられる事はあり得ません。

 

 

ただ、お店のお金を盗んでばっくれたり、備品を持って帰って…などなどの損害を与えた場合は別ですが、基本的には無いので安心しましょう。

 

円満で辞める事が一番ですが、ばっくれというのも一つの手段です。

こういった方法もあることを頭に入れておいて下さい。