プログラミングを動画で勉強するなら環境が大事だと実感

webデザイン
スポンサーリンク

「プログラミンを勉強する際におススメのサイトはどこ?」
そんな疑問を抱えてサイト探しをするよりも大事なことがあります。

 

それは、『勉強環境を整える』ことです。

 

今回は、私がフロントエンドエンジニアになるために動画で勉強した結果、勉強サイトよりも環境構築の方が大事だと思った理由とおススメの環境について解説していきます。

 

勉強しやすい環境と地獄のような環境で勉強するのでは、習得速度が天と地の差が出るので参考にしてみてください。

 

目次

1.環境を整えなければ時間も労力もムダ
2.私がおススメする勉強環境
3.私が使っている勉強サイト
4.勉強したくなる環境作りが重要!

 

 

1.環境を整えなければ時間も労力もムダ

プログラミングにしても、その他のオンライン講座にしてもパソコンで勉強したいと思ったならば、もっとも優先するべきは学習しやすい環境作りです。

勉強しやすい環境づくりは道具や場所、空間などが関係しています。

 

 

例えば、私の場合であれば勉強する場所は自室で座り心地の良い椅子と使い慣れたパソコン、Bluetoothヘッドホンを着用して学習していますので、快適に学習できています。

 

 

もしこれが、高架下で電車が通る音にイライラしながら、固い椅子に座りながら勉強するしかない環境であればやる気が続きません。

1週間は頑張っても8日目から「やっぱり辞めた!」となっては時間も労力もムダになります。

 

 

プログラミングでも何でも、ちょっと勉強しただけでは身に付きません。最低でも3カ月は勉強して実践を交えながら学習しなければなりません。

でも、毎日勉強し続けるのは大変で、途中で心も折れたり、飽きがきます。

そうならない為に『勉強しやすい環境づくり』が重要なんです。

 

 

学習塾をイメージしてもらうと分かりやすいです。

塾は講師、教材、勉強する仲間、スマホや漫画がない集中できる空間、強制的に学習する時間割などを提供しているわけです。

 

 

それに対して、自室でゲームやパソコン・スマホなどの誘惑が多く、一人で黙々と時間を決めて勉強するのでは続けやすさが違います。

なので、勉強しやすい環境を作りましょう。

 

 

2.私がおススメする勉強環境

勉強は自室で行うのが圧倒的におススメです。

 

自室は誘惑が多いですが、環境さえ整えてしまえばお金もかかりませんし、移動時間も必要ありません。

カフェまで毎日1時間かけて移動するくらいならば、その1時間を勉強時間にあてた方が有意義です。

 

ただし、自室が無い場合や誘惑に勝てない場合はカフェなどを利用するのも1つの手段です。

 

【自室で勉強する際に重視した方が良い物】
・座り心地が良いイス
・デュアルディスプレイ
・bluetoothヘッドホン
・ハイスペックのパソコン

これらを用意すれば、動画学習はかなりしやすくなります。

 

 

・座り心地が良いイス

最も大事なのは『イス』です。

多少、値段が高くても座席部分が柔らかくて、リクライニング機能とひじ掛けがついた、高さを調節できるイスを用意しましょう。

 

 

イスに座って勉強する際に座席部分が固いと【腰とお尻が痛くなって、足もしびれやすく疲れる】というデメリットしかありません。

私は以前、木製の安い椅子を使っていたのですが、すぐに足がしびれてお尻も痛くなり、1時間も座っていると腰が痛くてたまりませんでした。

 

 

でも、座面が柔らかい1万円のイスに買い替えたら5時間座っても全く痛みがありません。
プログラミングの勉強をするならば、絶対にこだわった方が良いです。

 

 

・デュアルディスプレイ

ディスプレイは2つある方が時間の短縮出来て、学習も捗ります。

 

プログラミングを学習する際は、動画を見てコードを書くを繰り返すのですが、ディスプレイが1つだと動画を止めて、ブラウザを切り替えてから書く流れになるので非常に手間がかかります。

 

 

ディスプレイが2つあると動画を見ながらコードを書けるので、手間が省けて時間を短縮できるのでストレスが減ります。

ディスプレイは3000円くらいで購入できるのでコスパに優れています。

 

 

・bluetoothヘッドホン

動画学習する際に声が小さいサイトが結構あります。

パソコンの音量をMAXにして聞こえる程度なんてザラです。

 

 

そこでbluetoothヘッドホンが役に立ちます。

動画の音声が小さくてもヘッドホンであれば良く聞こえますし、周囲の雑音も掻き消せます。イヤホンでも良いのですが、長時間の学習時はヘッドホンの方が耳が痛くならないので楽です。

 

 

bluetoothは本当に便利です。着用したまま部屋の中を動き回れますし、コードが引っかかったりするストレスもありません。
動画学習には欠かせない道具の一つなので、活用しましょう。

 

 

なお、bluetoothで安物は接続がゴミなので1万円前後の物を購入しましょう。

その時の体験談は「安物のbluetoothイヤホンはゴミ」で解説しています。

 

 

・ハイスペックパソコン

プログラミングを学習する際は少なくとも「corei5」以上のパソコンをおススメします。

私のパソコンは「corei3」ですが、動画を再生しながらコードを実行すると処理速度が遅すぎてストレスが溜まります。

 

 

処理速度が速くなればその分時間を短縮できますので、先行投資だと思ってハイスペックのパソコンを用意しましょう。

 

 

・その他の準備

後は好みでキーボードやワイヤレスマウスを購入して、学習しやすい環境を作りましょう。
個人的には寝転がりながら操作できるデスクなんかも有りだと思います。

 

 

3.私が使っている勉強サイト

私がプログラミングで活用しているサイトは以下の3つです。

  1. ドットインストール
  2. schoo
  3. Udemy

 

1.ドットインストール

定番の学習サイトです。

1本が3分程度なので隙間時間でも勉強できます。
喋りが早いのが少し気になります。

 

 

2.schoo

リアルタイムで講座配信しているサイトです。

現役講師の講義を見れるので最新情報を知れますが、1本完結なのでボリュームに物足りなさを感じます。

 

 

3.Udemy

ユーザーが独自に講座を作って販売している動画学習サイトです。

海外の人が作った講座もあるので非常に種類が豊富ですが、有料です。
定期的にセールをしているのでタイミングを見つけて購入しましょう。

 

 

以上が私の活用しているプログラミング学習サイトです。

基本的にはドットインストールを活用して、気になる講座をschooで見る。深堀したい部分はUdemyで購入するのがおススメです。

 

 

4.勉強したくなる環境作りが重要!

いくら優秀な学習サイトや教材を使っても継続して勉強しなければ、宝の持ち腐れです。

 

人のモチベーションとやる気には波があるので、上手くコントロールする為にも『勉強しやすい環境づくり』に力を注ぎましょう!

 

時間や労力をムダにしない為にも、自分だけの最高な状況を作り上げましょう。