仕事が辛いなら月10万円の生活で楽に生きる方が良い

ライフスタイル
スポンサーリンク

「会社に行くのが嫌でお腹が痛い…」

そんな思いをしながら働いているのであれば、仕事を辞めるか転職するべきです。

 

今の時代、大手企業に勤めているから安定するわけでもありません。

会社に依存するよりも個人の力を伸ばしてストレスが少ない環境で生きていった方が絶対に良いです。

 

辛い思いをしながら死んだ魚の目をしながら働くよりも、節約しながら楽に生きた方が人生が充実します。

というわけで、今回は私が楽に生きる方法について紹介していきます。

 

目次

  1. 楽に生きるには個人のスキルを磨く
  2. 仕事で消耗するよ日々はいずれ限界がくる
  3. 月10万円稼げば節約して生きていける
  4. 10万円で楽に生きるのが理想

 

 

1.楽に生きるには個人のスキルを磨く

楽に生きるには個人でスキルを身につけて、それを磨き上げるのが一番です。

 

例えば、

  • ライティングスキルを身につけてwebライターとして働く
  • プログラミングスキルを学習して在宅プログラマーとして働く

などです。

 

 

スキルを身につけてフリーランスとして稼げるようになると人間関係は楽になります。

私も一時期はフリーランスとしてデータ作成の仕事をしていましたが、あの時より楽な時代はありません。

 

 

好きな時間に起きて、最低限の作業が終われば後は自由。

自宅で出来る作業だったので天気や通勤も関係無しで、嬉しいのは面倒な人間関係も一切なしで自由気ままに生きていました。

 

 

個人のスキルを磨けば、こんな具合に楽に生きる事が可能ですので、

生きるのが辛い人は個人でスキルを身につけて磨きあげるのがおススメです。

 

 

資格も経験もゼロの状態から稼げるスキルを身につけるのであれば、自宅でパソコン1つで稼げる技術を身につけましょう。

 

【自宅で稼げるスキル】

  • webライティングスキル
  • プログラミングスキル
  • webデザインスキル

あたりがおススメです。

 

 

独学で学ぶことも可能ですし、クラウドソーシングサイトやフリーランスサイトでも案件が多いので初心者でも始めやすいです。

毎日3時間をスキル習得の為に使えば、3カ月で約300時間は費やせます。

 

コツコツと取り組んでいきましょう。

 

 

2.仕事で消耗する日々はいずれ限界がくる

スキルを身につけて稼げるようになれば、心と収入に余裕が生じます。

 

辛いのに働いている人の多くが、生活費を稼ぐ為に我慢しながら自分を押し殺して働いているはずです。

 

 

仮にフリーランスとして月10万円でも収入を得られるようになれば、

今の会社で限界が来た時に「辞めてフリーランスとして働く!」という手段をとれます。

 

 

もし、スキルを身につけていなければ自分を押し殺しながら働くしか選択肢がありません。

 

辛いのに生活する為に更に自分を押し殺して働く…

そんな日々を過ごしていると体力・精神共に限界が来て身体を壊します。

 

 

身体を壊して入院したり、自宅から出られないようになれば収入も減りますし、「仕事へ復帰できるのか?」など不安が溜まって休まりません。

 

人間、追い込まれると周囲が見えなくなって何も考えられないようになります。

仕事で消耗する毎日に嫌気がさして最悪の道を選んでしまう可能性もあります。

 

 

そうならない為の逃げ道として「スキルの習得」と「10万円で生活する手段」で楽に生きる方法を学んでおきましょう。

 

 

3.月10万円稼げば節約して生きていける

月10万円の収入があれば、満足した生活は無理でも節約しながらであればギリギリ生きていけます。

 

賃貸も1Kであれば3万円程度に抑えれますし、

食費も毎日自炊すれば1.5万円に抑えれます。

もちろんスマホも持てませんし、遊びに行ったりなども無理です。

 

それでも、仕事で身心ともにボロボロになりながら働くよりかは幸せだと思います。

 

 

楽に生きつつも自分のスキルを磨いて、経験を積めば高単価の案件も受注できるようになりますし、その経験を活かして転職することも可能です。

身体や精神を病みながら生活費の為に働くよりも、一休みするくらいの気持ちで楽に生きるのも有りです。

 

 

一度しかない人生を労働の為に使うのか、自由気ままに生きるのか選択するのはあなた自身ですが【逃げ道を準備】しておいて損はありません。

 

今の仕事が辛いのであれば、毎日1時間でも良いのでスキルを身につける行動を始めつつ、生きる為の最低生活費を試算しておきましょう。

 

 

4.10万円で楽に生きるのが理想

生きるのが辛いくらい仕事に追い込まれているならば、辞めてしまって楽な生き方をした方が身心ともに満足します。

プログラミングやライティングなどのスキルを身につけてフリーランスとして働くも良し、楽な業種転職するのも有りです。

 

生きる為だけに身心を消耗して働くのはあなたの健康をむしばみ、いずれ後悔する未来に繋がります。

それよりも月10万円でのんびりと生きて、気が向けば再度社会復帰する。

 

それくらい心にゆとりをもちましょう。