安いワイヤレスイヤホンはおすすめしない!すぐに返品した話

ライフスタイル
スポンサーリンク

あなたは買い物をする時に何を購入の決め手にしますか?

色合いや形、品質など色々と重視したいものはありますが、一番の決め手になりやすいのが『安さ』ですよね。

 

私も何か購入する時は、とりあえずお試しと思って安い物を購入します。

 

しかし、今なら分かります。
安いのは安いなりの理由があるからだと…

 

つい最近、ワイヤレスイヤホンを購入したときに思い知らされました。

 

もし、あなたがワイヤレスイヤホンを購入しようと考えているのであれば少なくとも10,000円前後の物を購入すべきで、間違っても安物を買ってはいけません。

 

というわけで今回は、私が安いワイヤレスイヤホンを購入して後悔した時について紹介します。

 

目次

1.安いワイヤレスイヤホンはゴミ
2.接続が切れるし音質もダメ
3.電車や人の前で使うのは目線が気になる
4.ストレスは少ないし運動する時には良い
5.値段が高い物は接続が安定している
6.ワイヤレスイヤホンの安物はおススメできない

 

1.安いワイヤレスイヤホンはゴミ

単刀直入に言ってしまうと、『安いワイヤレスイヤホンはゴミ』です。

というよりも今回私が3,900円で購入したイヤホンが、全く使い物になりませんでした。

ワイヤレスイヤホンは基本的な価格帯で見ると安くても5~6,000円。
平均で見ると10,000円前後です。

 

 

なので、私が今回購入したイヤホンは非常に安いものではあったのですが、AmazonではベストセラーとしてPRされていましたし、何より口コミが1000件あって評価が4.6でした。

 

 

しかし、いざ使ってみると『頻繁に接続が切れる』・『音質が悪い』という非常にゴミみたいな商品でした。

 

それでも、「安さは魅力的だ!」と思っているあなたに、安いイヤホンがどれくらい酷かったか紹介していきます。

 

 

2.接続が切れるし音質もダメ

安いイヤホンは音質が悪いだけ思っている方が多いのですが、有線イヤホンだとその認識で良いと思います。

 

しかし、ワイヤレスイヤホンの場合は音質に加えて【接続具合】も関係してきます。
この接続具合が非常に大事です。

 

 

・安いイヤホンは接続がすごく不安定

私が買ったイヤホンは5秒に1回の頻度で左耳側だけが3秒ほど聞こえなくなって、聞こえるようになっての繰り返しでした。

そして、5分に1回くらいの頻度で右耳も聞こえなくなる。

 

音楽を聞いている最中にブツブツと音が切れるのって、、、
非常に気持ち悪く感じます!

 

 

右耳は聞こえているわけなんで音楽は聞けるんですが、「あれ?片方が聞こえなくなった」「あれ?今は聞こえている」、というのを繰り返すうちに現在がどっちの状態か分からなくなって、気分が悪くなりました。

 

 

それと同時に「せっかく音楽を聞きながら、機嫌よく帰りたいのにイライラする!」と怒りが沸々と。

 

もちろん、イヤホンとスマホの再起動・再接続なども試みましたが効果なし。

電車内や人が多い場所だと接続が切れるみたいなので、人が居ないところや自宅でも試しすも、効果が無いどころか右耳も繋がらない頻度が増えてきて…

 

「よし!返品しよう!」と決めました
因みに返品を決意したのは接続以外にも不満があったからです。

 

 

・ワイヤレスイヤホンの音質は半額程度と思え

接続が切れるのも問題なのですが、ワイヤレスは音質も激しく落ちます。

 

別にミュージシャンでも音大卒でもないので音質について詳しい訳ではないのですが、

3,900円のワイヤレスイヤホンで音楽を聞いた感覚は1,900円の有線イヤホンと同じ聞き心地でした。

 

 

これは10,000円のワイヤレスヘッドホンと5,000円の有線ヘッドホンでも同じことを感じました。あくまで、参考としてもらえばと思います。

 

 

3.電車や人の前で使うのは目線が気になる

これは実際に使ってみて感じたことなのですが、ワイヤレスイヤホンを公衆の前で使うのは少し恥ずかしく感じました。

 

電車の中や人通りの多いところで見渡しても、音楽を聞いている8割以上が有線を使っていて、ワイヤレスの物を使っている人って見かけないですよね。

 

 

そんな中で自分がワイヤレスイヤホンを使っていると、気のせいだと思いますが周囲の目が自分に向いているような感覚がします。

 

何か自分がどや顔をしながら音楽を聞いているのをイメージすると恥ずかしくて人前では使いにくかったです。私の個人的な感想なので周囲の目が気にならない人は、問題ないでしょう。

 

というわけで、私のワイヤレスイヤホンとの出会いは、

①接続が悪くて使い物にならない
②音質が悪い
③人前では使いにくい

というマイナスな印象を与えて返品という形で終わりました。

 

ただ、良かった点もありました。

 

 

4.ストレスは少ないし運動する時には良い

ワイヤレスイヤホンの良い所は、何といっても線が無いという点です。

私は電車で有線イヤホンを使って音楽を聞いているのですが、人の動きがあるような車内だと線が他人のカバンや服に引っかかる事があります。

 

 

相手は面倒くさい顔をしますし、自分は耳が引っ張られて痛いし、車内には気まずい空気が流れるの最悪3拍子です。

こういった線が何かに引っかかるストレスが無くなるだけでもかなりのプラスです。

 

 

あと、ジョギングやランニングなどの運動時にも外れにくい。
有線のイヤホンでランニングすると、線が体に当たるのと衝撃で耳から外れるので非常に目障りですが、ワイヤレスならそんな心配ありません。

 

ひっそりと自宅で使ったり、運動したりする際にはワイヤレスイヤホンは最高の道具です!

 

 

5.値段が高い物は接続が安定している

今回に私が買った商品が、たまたま不良品で接続が悪かった可能性もゼロではありませんが、口コミを見る限り品質上の問題のようです。

 

 

やはり値段が安いと品質が落ちてしまうのは仕方がないでしょう。

因みに、家族が使っている10,000円のワイヤレスイヤホンを使わせて貰いましたが、接続も安定して音質もそれなりに良かったです。

 

 

値段が高い物は、それだけ品質も接続も良いです。私が次に買うとすれば同じ10,000円くらいのイヤホンを買おうと決心しました。

 

 

6.ワイヤレスイヤホンの安物はおススメできない

私は今回アマゾンで購入したので返品処理も簡単だったので良かったですが、もし店舗購入だったり、個人の出品者で返品手順が面倒だった場合を考えると『安物のワイヤレスイヤホンは本当におススメできません』

 

 

安い物には理由がある。
高い物には理由がある。
これを実感させられる今回の体験でした。

 

 

もし、あなたがワイヤレスイヤホンを購入しようと思っているのであれば、少なくとも平均額の10,000円前後のものを買うことをおススメします。