文章力を上げたいwebライターは100記事書くべき理由!

webライティング

「どうすれば文章力って向上するの?」

「上手い文章って何?」

こんなことばかり考えていませんか?

 

私もサイトを作る前は、文章力を磨く方法ばかりを探していました。

本やサイトを読み漁り、教材を買ったりして分かった事があります。

 

文章力を向上させたいならば、『100記事書くのが一番』です!

ライティングスキルを磨こうと思っている人は、最初から完璧を目指そうとしています。あれこれ考えるよりまずは、書きましょう!

 

というわけで今回は、『100記事書くのが文章力を上げる近道』である理由について解説していきます。

 

目次

1.100記事書けば文章に抵抗がなくなる

2.文章力を磨きたければ構成力を磨くべき

3.自分の意見より他人の感想を聞くと上達する

4.文章が上手くなりたければ100記事書くべき!

 

 

1.100記事書けば文章に抵抗がなくなる

結論から言うと、100記事も書くと文字への抵抗がなくなります。

文字を書かなければライティングスキルは上達しません。それなのに苦手意識がある人は文字を書こうとしません。

 

 

なぜなら、ライティング初心者は自分が書いた文章に自信がないからです。

「ブログを始めたけどこんなのでいいの?自信ない…」

「私の文章って読みにくいし、面白くない…」

こんな風に感じていませんか?

 

 

これは単純に文字を書くのに慣れていないからです。

スマホやパソコンで文章を読むことはあっても、実際に書く機会は少ないです。

 

 

経験が足りなければ、とにかく実践を積み重ねるしかありません。

自分の文章がへたくそに感じるのは見慣れていないからです!

 

 

人間見慣れていないものには違和感を感じるものです。

文章を書いては、

「なにか違う!」

「やっぱり私には向いてないんだ」

と感じるのは当然です!

 

経験が少ないから違和感を感じる → 違和感を感じて嫌だから書かなくなる → 文章を書かないから上達しない

の悪いサイクルに入ります。

 

 

なので、まずは自分の文章に対して「目を肥えさえる」のが大事です。

  • 100記事も書けば嫌でも見慣れます!
  • 100記事も見れば自分の文章が好きになります!

 

 

他人に対して何か伝えたいことがあるならば、力を込めた文章を提供しなければ伝わりません。

愛着がない文章には、説得力がありませんので他人に伝わりません。

 

 

まずは100記事書いて、自分の文章のファンになりましょう!

そうすると文字を書くことに抵抗がなくなり、一気に文章力が向上します。

 

 

2.文章力を磨きたければ構成力を磨くべき

『文章が上手い=構成が上手い』です。

文章には決まった型があり、読みやすくて分かりやすい文章はそれ沿っています。

 

 

webの文章は基本的に、

【冒頭→結論→解説→結論】の流れになっています。

 

この形にさえ乗っていれば、文章が下手でもそれなりに見えます。

 

 

今回の内容でいうならば、

「文章が上手くなるには?」という疑問の投げかけが冒頭部分になっています。

「100記事書くのが一番です!」の部分で結論を出し。

「1.100記事書けば抵抗がなくなる」の部分からが解説になっています。

「5.文章が上手くなりたければ100記事書くべき!」が2度目の結論です。

 

 

ネット上に溢れる記事はこの構成で作られて、あなたも含めて大半の人が、この流れに慣れています。

読み慣れた流れなので、文章が下手でもそれなりの形を保てているわけです。

 

逆に言うと、この形から外れるほど違和感を感じやすくなります。

 

 

なので、文章力を向上させたければ構成力と文章の型を身につけましょう!

構成を身につけるには100記事を書けばOKです!

 

 

100記事も書けば嫌でも体に染みつきます。

これは書かないと手に入りません。本を読んでも、情報を漁っても身に付きませんので、まずは書きましょう!

 

 

3.自分の意見より他人の感想を聞くと上達する

書くことに慣れて構成力が磨かれると更に自分の文章が好きになります。

しかし、それは自分の目線からみた意見です。

 

第三者が読んだ時に「どう感じるか」を考え、意見を取り入れましょう。

 

どうしても自分が時間と労力を割いた文章には愛着が湧いてしまうものです。

「これだけ力を入れて書いたから、隅から隅まで読んで貰えるはず!」

と思いますが、残念ながら流し読みしかして貰えません。

 

 

読み手は情報を取捨選択できる時代です。

読んでみて「面白くない」と思われると、書くのに何時間かけた文章であっても捨てられます。

 

 

なのでフラットな気持ちで冷静な感想を持てる第三者の意見は貴重なわけです。

家族や友達に読んでもらうもよし。

グーグルアナリティクスなどの滞在時間で判断するのも有りです。

大事なのは自分の意見だけでなく、第三者の意見を取り入れて改良改善していくことです。

 

 

1記事や2記事では読んだ人の好き嫌いがありますが、100記事もあるとかなりの情報量が収集できます。

多くの意見を取り入れるためにも文章を書きまくりましょう!

 

4.文章が上手くなりたければ100記事書くべき!

ライティングスキルを磨きたいならば、

  • 自分の文章に慣れるため
  • 文章構成を身につけるため
  • 多くのデータを収集するため

に100記事書きましょう!

 

本や情報を収集するのも良いですが、文字を書かないことには上達しません。

まずは100記事を目標に頑張りましょう!