新年の目標の立て方!達成する為の工夫とコツを紹介

生活スタイル
スポンサーリンク

あなたは今年一年どんな年にしたいですか?

想像してみて下さい。

 

12月31日に、

  • 「最悪な一年だった…記憶から消し去りたい」と思いながら新年を迎える
  • 「今年は大きく飛躍するキッカケを作れた最高な年だった!」と喜びながら新たな年を迎える

 

どちらがあなたの理想ですか?

もちろん、後者でしょう。

 

それならば今すぐに目標を立てましょう!

小さな目標を達成することが素敵な一年を過ごすコツです。

 

ただ、目標を作る際にはコツがあります。

せっかく掲げた目標も達成できなければ意味がありませんので、私が目標を叶える為にしている工夫を紹介します。

 

  • 目標を達成したい
  • 今年は大きな一年にしたい

という人は参考になるはずです。

 

人生を充実させたいなら目標を100個作れ!

結論から言うと、目標を100個作るのが人生を充実させ、目標を達成させる近道です。

 

目標を100個も立てる理由

「どうして目標を100個も立てているの?」と疑問に感じているかもしれません。

それは、私の経験上『目標が多いと達成できる数が多くなる』からです。

 

実際にやってみると分かるのですが、目標を100個立てるには頭を抱えながら脳を振り絞り、小さな目標から大きな目標まで掲げなければなりません。

 

ここで大事なのが【小さな目標】です。

 

小さな目標は大きな目標よりも達成しやすいので、小さな目標を達成する事で『モチベーション維持』が出来ます。

 

 

目標達成で重要なのは「継続」です。

 

「ダイエットや英語の習得、会社の業績を上げたい!」

など立派な目標を立てても、一朝一夕でクリアするのは不可能です。

 

今はやる気が満々かもしれませんが、1カ月もするとあなたのモチベーションは現状よりも確実にダウンしています。

人は熱しやすく冷めやすい性格で、成果や報酬が得られないとやる気がドンドン低下していきます。

 

 

なので、「小さな目標を達成する喜び」でモチベーションを維持しつつ、努力をし続ける事で大きな目標達成に近づけるのです。

 

【モチベーションを落とさずに継続する】のが目標を達成する為の最短コースです。

これが100もの目標を掲げる理由です。

 

どんな小さな目標でOK!

目標を100個立てる途中で、「こんな面白くない目標…」「しょぼい目標だな…」と思うようなものが必ず思いつきますが気にしないで大丈夫です。

 

小さな目標ほど「達成しやすい」のでモチベーション維持と自信に繋がりますし、本当に100個も掲げるのは大変なのです。

こんなのは相応しくない!と省いているといつまでも100個揃いません。

 

目標が揃わずに唸っているよりも、思いつくままに書き出して目標達成のためのすぐ行動した方が理想の一年になります。

 

行動するうちに見分が広がって新しい価値観や目標ができる事もあるので、他人の目やハードルの低さなどを気にしないで目標立てましょう。

 

今年の理想を漢字1文字と四字熟語で表す

目標が100個できたら、想いを込めた四字熟語漢字1文字を決めるのもおススメです。

 

すぐに達成できる目標ばかりであればよいのですが、半年や1年。5年など長い年月をかけなければ達成できない目標もあります。

その時に必ずといって、考えや価値観が変わってブレる瞬間があります。

 

「あの時はこう思っていたけど、なんだこの目標…」

「この目標を達成する意味ってあるか?」

となった際に、その漢字を見ると目標を立てた初心に戻れます。

日々の進捗状況や日記をつけるのもおススメです。

 

価値観が変わって目標がブレた時に修正できるようなものを作っておけば一直線に目標達成できます。

 

目標を達成する為の一工夫

昨年の目標を覚えていますか?

去年でも、一昨年でもいいので目標を思い出してください。

目標を達成できない理由の一つとして、立てただけで終わっている事が挙げられます。

 

つまりどういうことかというと…

「今年の目標は○○にするぞ!」と意気揚々と紙に書いたり宣言したものの、1か月後には目標を書いた紙が見つからない。

 

そんな経験はありませんか?

安心してください。大半の人がこの状態になります。

 

いくら目標を立てたといっても自然に達成される事はありません。

目標を立てる事がゴールになっていて、行動する事を忘れてしまっている。

 

そんな事にならない為にも、立てた目標を見える位置に掲げておきましょう。

できれば毎日見るような場所がおススメです。

その理由を説明してきます。

 

目標達成のために毎日見る

色んな本でも言われている事なのですが、時間があれば目標を見るようにしましょう。

 

なぜなら、目標を毎日見る事で自然に脳が情報を集めようと頑張ってくれるからです。

 

これは体験談なのですが、

過去に私が「ハミルトンの腕時計」を購入する事も目標として掲げている時に街中を歩いている時。

偶々チラッとみた広告がハミルトンの腕時計の宣伝ポスターでした。

他にも色んな宣伝広告があったのに、目標に掲げたもの以外は全く目にとまりませんでした。

 

私は意識して広告を探していたわけでは無いのですが、毎日目標を見る事で無意識のうちに目標達成のための情報収集を脳がしていたのです。

 

情報が集まったからといって目標が勝手に達成できるわけではありませんが、脳が情報を集めてくれるとゴールした時のイメージが想像できるようになります。

 

目標が達成できた時のイメージができるようになると行動する足取りが軽くなります。

よって、継続力が高まり目標達成できるのです。

 

これはいくら言葉で言っても伝わらないもので、実際に体験しないとダメなのです。

 

私もやる前は、『何を馬鹿な事を言ってるんだ。それで目標達成できるほど甘くねえよ。』と思っていましたが、一度経験すると驚きでした。

 

仮に失敗してもデメリットは何もないんですから、本当に達成したい目標であるならば、やるしかありません。

是非、「騙された」と思って実践して見て下さい。

 

目標を100個作って毎日眺める

私の目標は、あなたの今年の目標設定の役にたちましたか?

 

他人の目標を見る事で、新たな価値観や忘れていた目標を思い出せたりしますので気分転換も兼ねて他の人の抱負や目標を見るのも効果的です。

 

素敵な一年を形成する為にも、まずは目標をひたすら書き出す(100個を目標)、紙に書き出して毎日眺める。

 

小さな目標を消化しながらモチベーションを維持しつつ、大きな目標を達成できるように行動し続ける。

 

という風にしていきましょう。

 

もし、毎日目標を眺める時間が取れないのであるならば、四字熟語や漢字一文字をパソコンやスマホの待ち受けにしておいて、目標を眺めるのは週1回とかにしても十分です。

 

あなたが充実した毎日を過ごし、成長と飛躍の年になるように応援します。