目覚ましアラームを音からバイブのみに変えた方がいい理由

ライフスタイル
スポンサーリンク

寝起きが良い人は目覚ましのアラーム音でサッと起きれますが、朝が弱い人はアラーム音が凄く辛いですよね。

 

仕事の疲れやストレスが溜まっている時なんかはアラーム音に恐怖を覚え余計に起きれません。

 

サッと起きる事ができないので目覚ましを止めるのが遅れて、一緒の部屋で寝ている家族も起こしてしまって申し訳ないと感じる日々。

 

 

何かアラーム以外の方法を使って自分だけ起きる方法が無いか探した結果、今はバイブを使って起きています!

 

というわけで、今回はバイブ目覚ましだと家族に迷惑をかけないのかについて紹介していきます。

 

周囲を起こさず早起きしたい

アラームで起きるんのがイヤ

 

という人はぜひ実践してください。

 

目次

1.アラームは音よりバイブの方がいい
2.目覚まし音に恐怖を感じなくなった
3.家族を起こすことなく目覚める
4.万が一に備えてW対策
5.目覚ましアラームはバイブの方が良い

 

 

1.アラームは音よりバイブの方がいい

目覚ましのアラームは音よりバイブの方が起きた時の気分が良いです。

 

というのも、アラーム音で起きていた時は夢の中から一気に引き戻されるような感覚だったので起きるのが辛かったのですが、

 

バイブで起きている今は深い眠りの時も夢からゆっくりと引き戻される感覚なので目覚めが良いのです。

 

 

今も朝が辛いのは変わりないのですが、目覚めた時のぼっ~とした感じと不快感は無くなったので効果は十分だと実感しています。

 

他にもバイブ目覚ましの利点を紹介していきます。

 

 

2.目覚まし音に恐怖を感じなくなった

寝ている時って幸せじゃないですか?

 

私は疲れた状態で布団に入って身体の伸びをする時が凄い幸せです。

そのまま眠りが深くなって…

いつのまにか寝ています。

 

しかし、そんな快適な時間も長くは続きませんよね。

毎朝毎朝、仕事の始まりを告げるアラーム音によって現実に引き戻されるのです。

 

 

私はこの瞬間が大嫌いで、いつしかアラーム音に恐怖を感じるようになってしまったのです。

 

【アラーム=仕事】という印象が頭に焼き付けられているせいで、いつアラーム音が鳴るかオドオドしていました。

 

しかし、アラーム音からバイブで起きる事に切り替えてからは、このアラーム音がいつなるか分からない恐怖から解放されました。

 

バイブであれば、アラーム音と違って身体への振動で目が覚めるので恐怖心も感じません。これも大きなメリットです。

 

 

3.家族を起こすことなく目覚める

家族と同じ寝室で寝ているあなたにとっては、これが一番のメリットかもしれません。

 

アラーム音はどんなに早く止めても周囲に聞こえてしまいます。

なので、自分だけが朝起きるのが早い場合などは非常に困ります。

 

しかし、スマホのアラーム設定をサイレントにしてバイブをONにし目覚まし設定をすると、自分だけに時間の訪れを告げられるのでどんなに朝の早い時間でも気にせずに起きれます。

 

 

スマホを入れる場所は、色々と試行錯誤した結果、枕の下が一番良いという結論に至りました。

 

枕の下であれば、頭と枕でスマホを押しつぶしているので振動が周囲に伝わりませんし自分の体にもダイレクトに伝わるので起きやすいです。

 

小さい子供がいる人は、ぜひ枕の下にスマホを入れてみてください。

全く周囲に迷惑をかけないので本当におススメです。

 

 

4.万が一に備えてW対策

ここまで目覚ましアラームはバイブの方が良いとおススメしてきたのですが、デメリットがあります。

 

 

それは、寝相が悪くてスマホから離れてしまった時に効果が無いという事実です。

 

固い床や物の上ならばバイブ音はよく聞こえるのですが、布団やベッドなどの柔らかい物の上だとバイブ音は響きません。

 

なので、1mも離れてしまうと睡眠中だと気づけません。

 

寝相が良い人は問題ありませんが、寝相が悪い人だと毎日寝坊するハメになります。

そんなわけにはいかないと思うので”保険”をかけておきましょう。

 

 

スマホやガラケーなど2つもっている人は、1つを枕の下にセット。もう一つはお腹の上乗せるなど身体に密着させておく方法です。

 

手首に巻き付けたりズボンのポケットに入れても良いのですが、身体の中心から遠ざかるほど気づきにくくなります。

 

 

なので、パーカーのようなお腹のポケットにスマホを忍ばせています。腹巻なんかにポケットを付けてもいいかもしれませんね。

これでバッチリです!

 

もし、身体にスマホのような固いものが当たるのが嫌だという人は1回目の起床時間はバイブのみ、その5分後にはアラーム音にすると絶対に寝過ごす心配は無くなります。

 

 

5.目覚ましアラームはバイブの方が良い

 

私は、目覚ましはアラーム音よりもバイブの方が良いという結論に至りました。

 

起きれる確実性はアラーム音の方が高いですが、周囲への迷惑度合いや自分の寝起きの感じ方などがバイブの方が圧勝です。

 

 

もし、仕事を告げるアラーム音にびくびくしているのであればバイブ目覚ましをおススメします。スマホがあればタダなので簡単に試せます。

いきなり実践するのは怖いと思うので、休日に一度試してみて良かったら仕事の日でも活用してみてはどうでしょう?

 

 

因みに、時間になったら振動する「バイブ枕」というのもあるようですので寝相が悪い人は、その商品を使ってみてもいいかもしれませんね。