長財布を使う場合は小銭入れと併用するのがおススメ‼

ライフスタイル
スポンサーリンク

長財布を使っているのに小銭入れを持っていない。

それは非常にもったいないです!

 

長財布の特徴と言えば、お札に折り目が付かないのとシルエットの良さです。

それにも関わらず小銭でパンパンに膨らませていては、せっかくの長財布が台無しです。

 

という訳で、今回は私が小銭入れと長財布の併用をおススメする理由について紹介していきます。

 

<目次>

1.長財布と小銭入れを併用する理由

2.財布がかさばらないので見た目がGood!

3.お金持ちは長財布を使うのは本当?

4.小銭入れと長財布を併用で2年間使った感想

 

 

1.長財布と小銭入れを併用する理由

そもそも財布というものは、お金に休んでもらう宿舎のような役割をするものです。

 

中でも長財布は折り目を付ける事無く入れておけるお札に特化した設計です。

それにも関わらず、小銭を大量に入れている人が多すぎます。

 

 

想像してみてください。

自分の宿泊する施設が『綺麗でゆったりできる部屋』と『汚くて物が散乱している部屋』では、どちらが良いですか?

 

 

もちろん、前者の『綺麗でゆったりできる部屋』ですよね。

あなたも快適な環境やくつろげる空間には、何度でも訪れたくなるはずです。これは、お札も同様です。

 

長財布なのに小銭入れを持たずに財布がパンパンの状態というのは、お札に戻ってきて貰える環境を自ら壊している状態です。

 

だから、お札にゆったりとくつろいでリラックスして貰う空間を作り出す為に『小銭入れ』が必要なのです。

 

他にも「小銭入れ」を使う理由はあります。

 

 

2.財布がかさばらないので見た目がGood!

お札用の長財布と小銭入れを併用する事で財布のシルエットが綺麗になります。

意外かもしれませんが、他人の財布を知らず知らず見ているものです。

 

他人の財布が目に入った時に「あっ!○○のブランドの財布だ。」と記憶に残る事は少ないですが、パンパンに膨れ上がったレシートがはみ出した財布は印象に残りやすいです。

 

 

しかも、良い印象として記憶に残りません。

『整理整頓が出来ないだらしない人』というイメージです。

 

それに対して、シルエットが綺麗な長財布は『整理整頓できるしっかりした人』という印象を与えます。

 

私も以前は財布には無頓着でしたが、同僚と飲み会に行った会計時に自分だけ【お札・小銭・レシート・カード】で

膨らんだ財布を取り出して恥ずかしかったです。

まるで、大人と子供のような対比をモロに受けた気分でした。

 

 

特に指摘された事は無いのですが、財布を取り出した時に周囲から心の中で「うわっ…」と思われていたら嫌なので、私は小銭入れを使用するようにしました。

 

その結果、長財布のシルエットが綺麗になり、人前で財布を取り出す事が恥ずかしくなくなりましたので、本当に小銭入れとの併用はおススメです。

 

因みに「私は2つ折り財布派だ!」という人はこんな噂を聞いた事がありませんか?

 

 

3.お金持ちは長財布を使う

「お金持ちはみんな長財布を使っている。」という噂を聞いた事はありますよね。

これについて実際どうなのでしょうか?

 

 

私の経験上、知り合いで年収が3000万円を超えている医者や社長は【全員長財布】を使用しています。

なので、この噂は本当なのかもしれません。

 

 

ただ、一つ言えるのは『長財布を使う=お金持ちになれる』という訳ではありません。

 

お金持ちの知人は全員「お金について詳しく、お金を大事に扱う」事が共通していました。

 

 

その姿勢の一つとして、長財布と小銭入れを使い分ける行動なのかもしれません。

 

 

日頃のお金に対する気持ちや取り組みの積み重ねで『お金持ちになれた』のであって【長財布を使えば勝手に金持ちになれる】という訳ではありませんが、

そのような考えが染みついて当たり前になる頃には、今よりもお金持ちになれる可能性は十分あります。

 

 

因みに私は、長財布と小銭入れを併用して使うようになって『年収が少し増えました。』

 

今思い返せば、その効果だったmpかもしれませんが、使い始めた頃は慣れるまで大変でした。

 

 

4.小銭入れと長財布を併用で2年間使った感想

小銭入れと長財布を初めて併用した頃は、、、

「めんどくさっ!」と感じていました。

 

 

ちょっとした買い物でも、お釣りを長財布と小銭入れにキチン分けてしまわなければならないので非常に手間でした。

レジでもたつくのも日常茶飯事でした。

 

 

ただ、3カ月もすれば慣れます。

その頃にはお釣りを仕分けるスピードも上がり、もたつく事も少なくなりました。

 

何よりスマートな財布を取り出す瞬間が気持ち良いものです。

 

なので、如何に3カ月間を耐え忍ぶかが重大なポイントです。

一番の方法は、お気に入りの小銭入れを見つけて使うことです。

 

 

自分で選んだお気に入りの物であれば、小銭を分けて入れる事も苦になりませんし、長財布もきれいなシルエットを保てます。

 

ぜひ、自分だけのお気に入り「小銭入れ」を発見して、スマートで整理整頓された財布ライフを過ごしましょう。