Amazonアソシエイトの審査に合格したのでコツやポイントを解説

ライフスタイル
スポンサーリンク

Amazonアソシエイトって審査が甘いの?

また審査に落ちた…。どうすれば受かるのか。

などの疑問を抱えていませんか?

今回、私が運営しているサイトがAmazonアソシエイトの審査に一発合格しましたので、

その時のサイト状況や合格するためのコツなどについて解説していきます。

 

  • Amazonアソシエイトの審査に一発合格!
  • 不合格メールは今回で終わり!

にしたい人は、最後まで読んで実践してみてください。

 

結論から言いますと、合格するための対策は特に何もしなかったので日頃から意識できる事で審査に合格できます。

そのあたりについても深堀していきます。

合格を目的としないで読みやすいサイトを作るのが一番

審査に受かるには読者ファーストを心掛ける

合格するために対策や小手先だけのテクニックを使うよりも『読者のことを一番に考えてサイト作り』するのが一番審査に通るポイントです。

 

これが一番効果的で、

むしろ一時的な対策で体裁を整えても後々にペナルティを食らう可能性があるので、意味がありません。

 

それに加えて、合格してから興味本位で審査に受かる方法を調べましたが全くの検討外ればかりでした。

本当のところはAmazonにしかわかりませんので、対策は参考程度にとどめて、サイト運営で一番大事なものを忘れないようにしましょう!

 

 

読者ファーストをしないと稼げない

根本として、読者ファーストを意識しないとPV数が上がりません。

いくらAmazonのリンクを貼っても商品を紹介しても読み手が居ないと意味がないし、稼げません。

 

 

合格を目標にして肝心なことを忘れている人が多いので、読み手の為に記事を積み重ねて、マネタイズの手段としてAmazonアソシエイトがあるくらいにしておきましょう。

 

 

さて、次は私が実際に審査に合格した時の状況について解説していきます。

 

Amazonアソシエイトの審査に合格した時の状況

審査に合格した時のサイトについて

ブログのジャンルと記事数

ジャンルは雑記ブログで独自ドメインを使用していました。

グーグルアドセンスにも合格していたので、アダルトやギャンブルなどの記事はありませんでした。

 

記事数は80記事で、1記事あたりの平均文字数は3000字くらい。

サイトの内容自体もテーマを変えたばかりだったのでも目次が2つある不具合もありました。

 

 

著作権フリーの画像のみ使用

画像も1記事あたりに5枚は貼っていましたが、すべてフリー素材のもので著作権の侵害などには注意していました。

これは常日頃からリスク管理の面で意識しておいた方がいいことですね。

 

確認しないで見つけた画像を無断で使用するとトラブルになるケースがあるので十分に注意しましょう。

 

運営者プロフィールは必須ではない

運営者情報を載せたり、サイトプロフィールを作った方が良いと書いているサイトもありますが、関係ありません。

私が申請した時は運営情報どころかお問い合わせページさえも作っていませんでしたが通過できました。

 

 

広告は外さなくても大丈夫

Amazonの機嫌を損ねないために【他の広告は外すべき】と言っている人もいますが、これも関係ありません。

がっつりとグーグルアドセンスの広告を貼った状態でも通過しますので、気にしなくてOKです。

 

プログラム申請する際のポイント

申請する際にサイトの説明を記載するところがありますが、簡単な説明で十分です。

 

私が申請した際の例(一部改変)、

『実際に使用してよかったゲームや本の感想を中心に紹介しています』

です。

 

なので難しい文章やキレイな建前は必要なく、本音でサイトを説明しましょう。

 

フリーアドレスでも問題なし

メールアドレスをキャリアメールに設定して、フリーアドレスはダメ!という噂もあるようですが、私はヤフーアドレスで合格しました。

格安スマホが主流な時代に「キャリアメールがOK!」なんてことは絶対にありません。

 

 

Amazonアカウントが一番大事!

私はAmazonをよく使うので年間の注文量は50近くいきますし、プライム会員になって5年経ちます。

それに加えて販売者(セントラー)としても登録しているのでAmazonと信頼を結べているはずです。

 

注文履歴が無い全く新しいアカウントや住所が未登録の状態では、あなたの情報を正確に知れません。
なのでサイトの対策をするよりもAmazonのアカウントを育てた方が審査に通りやすいでしょう。

以上が私の審査に通過した時の状況です。

 

 

不合格になってもリスクゼロ!改善すればOK

回数制限が無いからいつかは受かる

「また審査に落ちた!ダメだ~」と落ち込んでいる人もいますが、申請に回数制限が無いので改善して再度挑戦すればOKです。

 

一発合格したからといって、単価が10倍になる分けでもありませんのでうじうじするくらいなら申請しましょう。

私は申請しようと思って2か月間忘れていて、ある日思い出して申請したら受かりました。

 

  • 申請していない人は申請する
  • ダメだった人は改善する

とにかく手を動かしましょう!

 

 

もし、どうしてもダメで自分の力では無理だと思ってもココナラなどのサイトで有料でサポートしてくれる人もたくさんいます。

心が折れて諦めさえしなければ、いつかは合格できます。

 

ダメでも他の広告を使えばOK

審査に苦労しているサイトを見た時に感じたことがあります。

「Amazonにこだわり過ぎている」と。

 

サイトやブログを作成している人の殆どが、グーグルアドセンスやAmazonアソシエイトで収益を上げようとばかりしていますが、手段は他にもあります。

 

A8.netやグーグルアドセンス、noteや独自サービスなどマネタイズする方法は山ほどあります。

目前のものばかりに集中しすぎないようにして、一度冷静になりましょう。

 

合格ばかり気にすると辛い

自分の中で役に立った情報や知ってほしい内容を発信するのも目的としてサイト更新するついでにアソシエイトの合格を目指すくらいにしないと心が折れます。

 

「またダメだった…」と挫折して更新を辞めるのが一番ダメなので、合格を目標にするのは危険です。

あくまでも手段の1つくらいに考えておきましょう。

 

 

広告主の立場になればどんなサイトを作るべきか分かる

合格できない人は一度冷静になって、広告主の気持ちになりましょう。

 

あなたが自分で作ったサービスがあったとしたら、どんな人に紹介して欲しいですか?

  • サービスを使ったことが無い人と頻繁に使ってくれる人
  • 利用規約を遵守している人と破っている人
  • サービスの印象を悪くしそうなサイトと優良サイト
  • 合格するためだけに作られたブログと読者の為に作られたブログ

不合格になるには必ず理由があります。

 

 

色んな情報を集めて対策をするのも良いですが、それよりも自分のサイトと向き合った方が合格への道筋が見えます。

 

Amazonアソシエイトの審査は意外と易しい!

Amazonアソシエイトの審査は厳しくて、合格できないと聞いていたのですが、私のサイトが一発で通過できたことを考えると緩いです。

 

ただし、

5記事で合格を目指す。

簡単に合格する。

など楽して審査に通ろうとすると難しいでしょう。

 

自分本位のサイトを作らずに、読者ファーストを意識。

相手の立場にたって客観的にサイトを見ることができれば絶対に合格できるので、地道に改善改良を繰り返しましょう。

 

 

不合格になっても腐らずに、アドバイスをしてくれる人を頼るか別の手段でマネタイズして更新を止めるという最悪のケースだけは避けましょう。

絶対に後悔します。

コツコツとできることをやって合格をつかみ取りましょう!