男が肌をきれいにするには?大事なのは普段からの心掛け

ライフスタイル
スポンサーリンク

人の第一印象は、3~5秒で決まると言われています。

人は最初に顔と表情を見て、服装や姿勢へと目を移していきます。

 

最初に見られる肌が荒れて汚い状態であると【不潔で私生活がだらしない】と思われます。

 

たとえ、ほこり一つ無い超清潔な家で規則正しい生活をしていても相手には伝わりません。

 

それよりも目に映る荒れた肌で判断されます。

「ならば、美肌を目指そう!」

と思っても、一朝一夕で美肌は手に入れられません。

 

普段の習慣と心掛けが肌を綺麗になるための近道です。

というわけで、私が美肌を目指す中で色々と実践して良かった習慣とグッズについて紹介していきます。

汚い肌はどんな印象を持たれるのか

あなたに質問です。

『手触りがすべすべで透き通るような艶やかな肌』『顔がニキビまみれで炎症を起こして赤くなった、毛穴が黒ずんだ肌』どちらが良いですか?

 

多くの人が、前者を選ぶはずです。

それはどうしてでしょうか?

 

あなたも『肌が汚い=不潔で不摂生』であると思っているからではないでしょうか。

 

実際に「肌が汚い」でtwitterを調べてみると…

・肌が汚い男は信頼できない
・肌が汚いイケメンより肌が綺麗なかっこよくない人が良い
・汚肌は本当に無理
・肌が汚いと部屋も心も汚い
・接客したくない

という厳しい意見が多々見られます。

これが現実です。

面と向かって言われる事なんて中々ありませんが、心の中では「うわっ~!」と思っています。

 

実際に私は、とても辛い経験をしています。

 

昔、一緒に働いていたスタッフに「○○さんは無いよね~、なんであんなに肌が汚いの?」って喋っているのを聞いた時は、心に刃物を刺されたような辛さでした。

 

辛くて悔しい気持ちが渦巻いて、「絶対に肌を綺麗にして二度と同じ事を言わせない!」と決心しました。

それからは色んな事を試しました。

 

美肌になるための習慣

『美肌』を目指すために評判が良い物をたくさん実践しましたが、その中でも私の身体と相性が良かったものを紹介します。

肌に影響を与える栄養素を積極的に摂取

普段から栄養バランスに気を付けて食事していますか?

 

一日二日程度は、適切な栄養バランスを保てていても毎日をずっと続けるのは難しいものです。

 

なので、私はサプリメントを積極的に摂取する事で必要な栄養素を補うようにしました。

 

私が摂取していたのは水溶性用の栄養素ばかりで、摂りすぎても体外に排出されますので安心でした。代表は、ビタミンBやビタミンCなどです。

私は、朝食後と就寝前に飲んでいました。

 

サプリメントは手軽さが一番のメリットです。水と一緒に飲むだけで終わりなので3秒もあれば終わります。

 

昔は、粉末状の青汁を牛乳に溶かして飲んでいたのですが、その作業が面倒なのと何よりも味に苦労したので続けれませんでした。

 

結果、サプリメントに落ち着きました。

 

肌の乾燥に気を付ける

肌があれる原因の一つとして乾燥があります。

 

私は、乾燥肌なので冬や洗顔後はは肌がカサカサしてつっぱります。

 

鏡を見ると顔が粉をふいたかのように白くなったりもしていて、肌に充分な水分が無い状態でした。

 

しかし、化粧水などでケアする事で肌がカサカサした感じがなくなり、肌の手触りが良くなったので肌の乾燥を防ぐようにしています。

 

今でも、洗顔後や入浴後には必ず「ハトムギ水とニベアクリーム」でスキンケアをするようにしています。

間違った洗顔は悪化の原因

洗顔は一日1回がいいと言われていますが、それは洗顔料を使った場合です。

 

洗顔料は、顔の油や汚れを落としす働きをしてくれるのですが顔には刺激が強すぎます。刺激が強い洗顔料で顔を洗うたびに皮膚が傷つくので一日1回がベストなのです。

 

なので、私は起床後にはぬるま湯のみ、入浴中には洗顔料を使っての洗顔を実践しています。

 

ここで大事なのは、特に洗顔の仕方です。

顔をゴシゴシ洗うような間違った洗顔は、肌を傷つけるだけです。

それについて説明していきます。

一番は正しい洗顔方法を学ぶこと

正しい洗顔方法とタイミング

あなたは何となくで洗顔していませんか?

 

手で顔をゴシゴシとこすりながら洗ったり、洗顔量を十分に泡立たせずに使ったりしてるならば、美肌には程遠い洗い方をしています。

 

ここで正しい洗顔の方法を動画で見てみましょう。

いかがでしたか?

ポイントを振り返りましょう。

  • 洗顔時はぬるま湯を使うしっかりと泡立てる(逆さにしても落ちない程度の弾力)
  • 顔をごしごしと洗わない
  • ぬるま湯で洗い流す
  • 顔の水分をやさしく拭き取る

私が特に重視しているのは『洗顔料をしっかりと泡立てる』です。

 

これさえ行っていれば、仮にクセでゴシゴシ洗ってしまっても顔へのダメージが少ないです。

 

正しい洗顔を続けていく事が美肌への一歩です!

ただ、先ほども解説しましたが洗顔後は肌が乾燥しやすくなりますのでケアが重要になります。

 

次は洗顔後のケアについてみてきましょう。

 

洗顔後のスキンケア

正しい洗顔をした後は肌に充分な水分を与えて、与えた水分が蒸発しないようにケアしなければなりません。

 

昔は、洗顔後に化粧水や乳液を使う所を見られると笑われていましたが、今ではメンズ用の化粧水も豊富になり、男性でも保湿するのが当たり前になっています。

 

あなたも洗顔後はしっかりと保湿していきましょう。

ここで正しい保湿の仕方を見ていきます。

間違いやすいのが、化粧水を顔にこすりつけるようにつけてしまう事です。

 

やさしくゆっくりと手に平を押し付けて化粧水を浸透させましょう。

 

私も昔はやっていたのですが、手のひらでパタパタと叩く事も顔への刺激が強いのでNGです。

 

今まで保湿なんて気にした事が無かった人は、ぜひ実践して下さい。

さて、ここで難しいのが洗顔料と化粧水の選び方です。

 

これを間違えてしまうと先ほど学んだ洗顔と保湿方法の効果が半減しますので、自分に合った洗顔グッズを見つけなければなりません。

 

もちろん、色んなものを試しながら見つけるのがベストですが「お金をかけずに合うのを見つけたい!」という人の為に私が普段使用している洗顔料と保湿液を紹介します。

 

色個性的なものからオーソドックスなものまで色々と試してたどり着いたグッズなので、初心者の人は一度試してみてください!

 

多くのグッズを試した中でのおすすめを紹介

私がおすすめする洗顔料

おススメする洗顔料は「ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース」という商品です。

 

これが一番、肌にツッパリもなく洗顔後の肌がモチモチで気持ちよい手触りになりました。

 

薬局でも普通に売っているので簡単に手に入る点もおススメです。

 

「洗顔パスタシリーズ」は他にも3種類程あり全て試したのですが、私に一番合ったのが「海泥スムース」でした。

 

他にも「ギャツビー」や「OXY」などのメンズ洗顔料を使ったのですが、個人的に合いませんでした。男性用は洗顔後の清涼感が強いのとスクラブ入りが多いので肌への刺激が強すぎました。

 

ネットでは口コミの多いものや評判が高いものがたくさんありますが、コスパの良さと手軽さを比較した結果「洗顔パスタ」になりました。

 

保湿にはこれが一番良かった

こちらも洗顔料と同様にコスパの良さと手に入れやすさをベースにしています。

 

私がおススメするのは「ハトムギ化粧水とNIVEAクリーム」の組み合わせです。

 

色んな化粧液や乳液、フェイスパックなども試した結果、「ハトムギNIVEA」が一番私の肌に馴染んでくれました。そして、髭を剃った後の肌につけても痛くありません。

 

多くの化粧水は普段使いの時は良いのですが、髭剃り後の肌が傷ついている時に使用すると染みて肌に痛みが出るので苦痛でした。

 

ですが、あの組み合わせでは痛みがありませんでした。

肌質に合い、痛みも無い保湿方法ですので胸を張っておススメします。

 

あると便利なグッズ

洗顔方法のところで『泡立ちの重要性』を言いましたが、何の道具も使わないと上手く作れませんし、時間もかかります。

なので、私は「泡立てネット」を使用しています。

 

使用方法は、洗顔料をつけたネットを手のひらでこすり合わせるだけの簡単仕様です。それだけで濃い泡を作る事ができます。

ただ、「泡立てネット」のデメリットは作れる泡の量が少ない事です。

 

沢山の洗顔泡を作りたいのであれば、「マイクロバブルフォーマーあわわ」というものを使用すると解決できます。

これはネットでしか見かけた事がありませんが、非常に便利なものです。

 

水と洗顔料の配合量さえ慣れれば、「泡立てネット」よりも短時間で簡単に同じくらいの濃い泡を作れます。

 

値段は1000円程度なので、気になる人はネットで調べてみてください。

因みに私は、某フリマアプリのポイントで購入したので実質タダで手に入れました。

 

理想形を目指すならば根気が必要

ここまで美肌を手に入れる為の方法を紹介してきましたが、結局は根気が必要です。

2,3日がんばった程度では手に入りません。

 

少なくとも3カ月は継続する事を覚悟して行わなければなりません。

 

今、肌が荒れて汚いのであれば積み重なってきた習慣によるものです。

 

それを改善するには、新しい習慣が必要なわけです。

長く遠回りに見えるものほど最短です。

フェイシャルやエステはどうなのか?事

コスパを気にしなければ、フェイシャルサロンなどを利用するのも有りだと思います。

 

ただ、値段を調べてみても1回あたり1万円近くするのと通い続けなければならない事を考慮すると勇気がいる選択だと思います。

自分の肌質を検査してもらえたりするみたいなので1度位は体験してみて、肌質のチェックや相談などをしてみたいと思います。

また行く機会があれば感想と効果を紹介します。

 

あとがき

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、私が普段実践している美肌になるための習慣について紹介しました。

 

何事も継続こそが大事ですが、方向が間違っていると求めているものは手に入りません。

しっかりと自分の肌質と相談しながら地道に頑張っていきましょう。