人付き合いが苦手だった私が人見知りを克服した考え方

ライフスタイル
スポンサーリンク

人付き合いが得意ですか?

職場の飲み会に行ったり、一緒に昼ご飯を食べに行った時に「あ~、疲れる。やっぱり人付き合いは苦手だわ…」と思ったことありますよね。

 

その気持ち分かります。

私も人付き合いは凄く苦手です!

 

他人と一緒に居て気疲れするよりも、一人でのんびりとしている方が気持ちが楽ですよね。

 

でもね、それはあなたの気持ち1つで簡単に変えられるって知ってましたか?

今回は、【苦手な人付き合いを簡単に無くす方法】について紹介します。

 

「はぁっ~、何を話したら良いか分からないし人付き合いは嫌だ!」なんて日々とはおさらばしましょう!

 

目次

  1. 苦手を意識しすぎると余計に疲れて悪循環
  2. 嫌われる勇気を持とう
  3. 自分に意識をもって他人は別と割り切る

 

 

1.苦手を意識しすぎると余計に疲れて悪循環

結論から言いますと、あなたが人付き合いが苦手なのは【自意識過剰】だからです。

 

「はぁ?何言ってるんだお前!」

と言いたい気持ちも分かりますが、まず私の話を聞いてください。

 

実は人付き合いが苦手な人には特徴があります。

私を例にして説明していきます。

私も人付き合いが得意ではありませんでした。

 

先輩や上司と一緒に居ても楽しい話題を振る事もできず、かといって沈黙も悪いので何とか話題を振るけども話が続かない。

せめてものと思い気を配り、自宅に帰る頃には身心ともに疲れ切っていました。

 

帰宅後の疲労で「あ~、やっぱり人付き合いなんて無理だわ…」と人付き合いの下手くそさを再認識して更に疲れが増す。

苦手だから、他人との関わりを避けて、更に下手になる。

どうしようもない場合は嫌々で人付き合いするけども、以前よりも下手になっているのを再認識して自己嫌悪に陥る。

 

そんな悪循環を繰り返していました。

 

あなたも覚えがあるのではないですか?

  • 「何を話したらいいんだろう」
  • 「こんな話題を振ってもいいのかな」
  • 「私になんて興味ないだろうから話しかけないようにしよう」

などなど…

 

 

そういった考えこそが【自意識過剰】なのです。

 

会話一つするだけに、そこまで考え込む必要は全くないんです。

興味があるか、面白いかは相手が判断することであって自分で判断するものではありません。

大事なのは会話のキャッチボールです。

 

もっというならば、あなたとの会話にそんな期待なんてしていません。

話をした内容なんて相手は1週間もすれば忘れてしまいます。

 

 

1週間もすれば忘れられる内容なのに「こんな話をしてもいいのかな…」なんて考え込むのは変だと思いませんか?

自分が話す事に期待されていて、なおかつ話しの内容が相手の記憶に残ると思っているから会話が出来ないのです。

 

 

そんな自意識過剰な考えはやめましょう。

 

別に会話一つ一つに気を使い過ぎる必要はありません。

適当に自分が気になった話題を好きに振れば良いんですよ!

 

 

私は

  • ニュース
  • 天気
  • 気になったもの

話のタネにしています。

 

その中で話が続くものがあれば深堀していけば良いし、話が続かずに沈黙になってしまうようであれば沈黙を楽しんでいます。

 

 

「沈黙=悪」と思っているかもしれませんが違います。

沈黙を気にしてムリに話するくらいなら沈黙の方がマシです。

沈黙が悪いという考えを変えましょう。

 

自分の興味がある話ばかりを振って、相手に何て思われるか…と考えている人には手に入れて欲しい物があります。

 

 

2.嫌われる勇気を持とう

人付き合いが苦手だという人は『嫌われるのを極端に嫌がる」傾向にあります。

100人いれば100人から好かれている自分をイメージしています。

 

そんなのは不可能です。

 

 

どんな心が清らかで美しくて、話しが面白い完璧な人でもアンチが必ずいます。

「あの人って誰にでも良い顔をする八方美人よね~」

「あの子、良い子過ぎて裏がありそうで関わりたく無いわ」…という具合に。

 

 

他人に嫌われるのを恐れて【自分を出せない】と 人付き合いが疲れる=苦手 という意識になるのです。

別に嫌われてもいい!と嫌われる勇気を持ちましょう。

 

この意識をもつだけで、人付き合いが凄く楽になります。

 

 

3.自意識過剰をやめて、嫌われる勇気をもつ

あなたの一挙一動を相手が気にしているという【自意識過剰】な考え方をやめて、何でも良いから気になった話題でコミュニケーションをとるようにしましょう。

 

自分を押し殺して辛い思いをしてまで他人に好かれようとするくらいであれば、嫌われる勇気を持ちましょう。

 

当たり前ですが、自分の話しばかりをして相手の話を聞かないのはNGです。

嫌われる勇気を持つのは大事ですが自ら嫌われにいく必要はありません。

 

あなたの人付き合いが苦手だという意識が少しでも、改善されるきっかけになればと思います。