リラクゼーションマッサージのバイトは未経験でも務まるのか?

ライフスタイル
スポンサーリンク

一時期は街中にマッサージ店が溢れていました。

1時間2,980円で全身マッサージと書かれた看板を良く見かけていました。

 

そんな看板を見るたびに、マッサージ店で働いていた頃を思い出します。

 

働く前は「未経験でも働けるのかな?」「資格が必要かな?」などの不安でいっぱいでした。

 

おそらく、あなたも同じ気持ちだと思います。

そんなあなたの為に、今回は私がマッサージ店で1年半働いて分かった事を紹介します。

1.未経験者でも働けるのか?

結論から言ってしまうと、未経験者でも問題ありません。

私が働いていた会社では8割が未経験で、残りの2割が学校や団体で技術を習得した人でした。

 

因みにマッサージと宣伝してお金をもらってよいのは、国家資格の「あんま指圧マッサージ師」などの資格保持者だけなのですが、そんな資格を持っている人はまず居ません。

 

なので、厳密にいうとマッサージではなく、

リラクゼーションやセラピストという名目で働く事になります。

資格が無い未経験者でも勤務する中でイヤでも技術が磨かれていきますので、心配しないでください。

 

ただし、後ほど説明しますが給料が歩合制の会社もあるので、働く会社選びは重要です。

2.働く事のメリットとデメリット

[メリット]

マッサージの技術が身につく

当たり前ですが、マッサージの技術が身につきます。

研修は30時間~50時間あり、ひたすら指や手の動かし方や体重のかけ方を練習します。

 

マッサージ技術の習得をしながら、座学で人間の筋肉・骨・神経などの解剖学についても勉強しなければなりません。

 

しかし、技術と知識は身につけてしまえば、どこでも使えるので友達や恋人・家族にマッサージしてあげることができます。

 

私もよく頼まれてしていましたが、みんな凄く喜んでくれたので、お客さんに褒めて貰うよりうれしかった記憶があります。

 

あと、自分をマッサージする事もできます。

腰や背中などは無理ですが、肩や首などは出来ますので疲れた時や体がダルイ時に役立ちます。

 

研修と称してマッサージを受けられる

マッサージの研修は一人では無理です。

なので、必ず2人1組で研修を行うのですが、新人が入ってくると研修としてマッサージを受ける事ができます。

 

また、お客が居ない時は先輩がマッサージしてくれたりするので、本来であればお金を払わなければならないものを時給を頂きながら、マッサージを受けれるので一石二鳥です。

 

[デメリット]

最初は指の痛みと戦う日々

マッサージは指に体重をかけて行います。

親指に体重の6~8割程度をかけるので、ものすごく指が痛くなります。

 

1カ月もすれば痛みになれますが、最初の1週間は痛みで親指が曲がらなくなります。休憩や家に帰ってからは氷や保冷剤で冷やしましょう。

 

経験年数が長くなると、指が反対側に反ってしまう事もあります。

とにかく最初の1週間は痛みを覚悟して頑張る必要があります。

 

会社によっては目標がある

今では、美容院などでも指名制度がありますよね。

それはマッサージ店でも同じです。

 

マッサージ店は2割の新規と8割のリピーターです。

 

どれだけリピーターを獲得できるかが店の売上に繋がるので、店長やマネージャーが『指名件数のノルマ』を課す場合があります。

 

指名のノルマを達成できれば褒められ、未達成ならば怒られますので精神的にしんどいです。

働きたい会社にノルマがあるか確認しておいた方が良いでしょう。

 

3.業務内容や施術の種類

業務内容は、主にお客さんへの施術です。

お客さんの疲れている部位をヒアリングし、適切なコースへ案内してマッサージを行います。

 

お客さんが居ない時は店内の掃除をしたり、チラシを配りに行ったり、研修をしたりします。

 

私が働いていた店はチェーン店で、近くに別店があったので忙しい時は応援にかけつけたりもしました。

 

マッサージの種類は、

  • ボディマッサージ
  • 足つぼマッサージ
  • 頭皮マッサージ
  • 顔ツボマッサージ
  • 全身マッサージ
  • フェイシャルマッサージ
  • アロママッサージ

など幅広くあります。

これらのメニューを全て習得しなければなりません。

 

基本的には道具を使う事はありません。

滑りをよくする為にオイルやクリームを使ったりする事がありますが、メインは手か指を使ってです。

 

4.働きたい場合は給料形態に要注意!

これが最も重要です。

マッサージ店では、【時給制】と【歩合制】の2形態があります。

 

時給制であれば前述した研修や掃除をしていてもお金がもらえますが、歩合制であれば1人施術して2,000円などです。

 

暇な日はお客さんが1人で、残りの時間は雑誌を読んで時間をつぶす。一日が終われば、8時間勤務して給料2,000円なんて事もありました。

 

そして当然ですが、スタッフ内でお客さんの取り合いが発生します。施術しないと給料が無いわけなので。

 

施術が上手い人はリピーターがついて安定して稼げますが、技術が無い人や初心者は全く稼げません。

 

なので、初心者が働く場合は、時給制の店で働いて技術や経験を積み重ねてから歩合制の会社を選びましょう。

 

因みにリピーターを得るにはマッサージの技術だけとは限りません。

 

5.スタッフの年齢層や男女比

業界の特徴として現場スタッフは9割が女性で、年齢層も20代ばかりです。

 

店長は40代でしたが、肉体的に辛いようで毎日しんどいと言っていました。

 

男性で働きたいと思っている人は、なかなか肩身が狭い思いをしますので心して応募して下さい。私も色々と苦労しました。

 

6.どんなお客さんが多いか

お客さんはリピーターが多いと言いましたが、ほとんどが中年の人です。

 

たまに若い人も来ますが、基本的に来店する人は疲れを取るのが目的なので、会社帰りの40~50歳の人です。

 

お客さんの割合は、女性が7割・男性が3割です。

女性のお客さんでも男性スタッフが施術しますが、圧倒的に「女性スタッフに施術してもらいたい」という方が多いです。

 

疲労がたまっていたり、強いのが好きな人は男性スタッフを指名してきますが、

そういう人は、「これでもか!」というくらい強い力でやらないとダメなので、60分も施術するとこちらが疲労で倒れそうになります。

 

そんな人に予約指名されたら、勤務するのが嫌になります。しかし、仕事なので割り切らなければなりません。

 

お客さんも疲れている人が多いので施術中は寝ています。私も研修でマッサージを受けている途中によだれを垂らして寝ていた経験が数知れず…

 

ただ、中にはマッサージを受けながら会話をするのを楽しみにしているお客さんも居ます。

 

60分間マシンガンのように会社の愚痴を言い続ける人もいますし、趣味の事を話する人もいます。

 

大事なのは相槌を打ちながら、しっかりと話を聞く事です。

給料形態の最後で「リピーターを得るにはマッサージの技術だけでは無い」と言いましたが、聞き上手になる事でも指名を増やす事ができます。

 

私の先輩に凄く聞き上手で話術も達者な人がいましたが、

毎月の指名数が100件以上でした。リピーターを増やす方法も色々とあるのです。

 

7.未経験者は時給制を選ぼう!

未経験者でもリラクゼーションで働く事は出来ますが、歩合制ではなく時給制の会社に応募しましょう。

 

そして、選べるのであれば値段が高い目の高級店の方がお客さんの層も良くてトラブルが少ないです。

 

続けるほど上達して楽になりますし、指名を増やす事ができれば自信が付くので歩合制の会社でもやっていけます。

 

技術と話術さえ身につける事ができれば歩合制の店舗でガッツリと稼げるので、それも視野にいれておきましょう。